痛いトコロを

namunamu

小千谷・専正寺さんのお言葉。ナ~ム~(°人°)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

さぁ、始まりました!

ばぁちゃんの「台所入らねば」攻撃! ばぁちゃあん! タッタ今、夕飯済ませたトコだてー(;_+)。
食後ころりと横になったかと思うと、5分置きに「寝てらんねぇ、米研がねば」ですからねぇー、タマリマセン・・・(>_<)


実はさっき父が祖母を小突いたため、よろけた祖母は風呂場の前で仰向けにひっくり返りました。ぶつかったガラス戸がビリビリ震えて凄い音と祖母の悲鳴がして・・・。
腹を立てたわたしと父の間で言い合いになり、そうすると激昂した声を聞いていた祖母は益々ワケがわからなくなります。


「ばぁちゃーん、支度わたしやったよー! 全部すませたからー!」
「済んだかね? そうかねー・・・」
「終わってるからー! 寝ててえーからー!」

一旦は納得して横になってくれるのですが、今日は父に泣かされたせいか何度も何度もです。

何度ものやりとりの中で、下着を替えさせる事に成功! そうしたら、
「おめぇさんもここ横んなれ」と、ばぁちゃん。

ハイハイと従うと、自分の枕を外してわたしにあてがい、デフォルトで搭載されている“孫に布団掛ける機能”も発動されました(笑)。
わたしが横になったのを見て安心したのか、ばぁちゃん少し笑って漸く落ち着いてくれました~。 

さて、何時間保つことやら・・・(苦笑)。


【追記】なんと! 翌朝は一度手洗いに立っただけでその後、自分からまた寝付いてくれました〜\(^O^)/ ヤッタネ♪

soine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウマかった〜\(^O^) /

「ヤスダヨーグルト」のDRINK YOGURT。 

濃い! 美味い! 感動した~♪ ばぁちゃんとわたしでペロリでした(^O^)

新潟の酪農発祥の地、安田町(現 阿賀野市)でつくられているそうです。

イイお値段でしたが(;^_^A 横浜帰ったら探してみよっと♪ウマー!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うつしみ

utsusemi

空蝉やなりたき姿描けたか
   その夢の扉よ背の細き隙間よ      史津子

うつせみやなりたきすがたえがけたか
   そのゆめのとよせのほそきすきまよ   しづこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寝かしつける

ばぁちゃん今朝5時に目を覚まし、布団上げようと押し入れの戸をガタガタガタガタ。

父は気付かず寝込んでいる。大声出されず良かったヨカッタ。

「ばぁちゃん、まだ寝てな~」と呼び掛けるも、ばぁちゃん理解せず。

トイレに連れていく。
小さい方を拭いた後の紙を、ポケットや懐中に大事に仕舞い込んでいることについ昨日気付く(>_<)。サスガに、
「ばぁちゃんそれダメ! 捨てて!」と大声になる。

トイレ済んだら大人しく寝てくれた。わたしもも、ちょっと寝よ・・・。

茄子の花@裏庭

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みつあみo(^-^)o

昨夜はばぁちゃんにみつあみしてもらいました~o(^-^)o

その少し前、台所からばぁちゃんの身も世もない悲鳴が。
なにか余計な事をして、父が手を上げてしまったらしいのです。

わたしは怒鳴り声や泣き声が大の苦手で(たとえそれが自分に向けられたものでなくとも)この状況に殆ど泣きそうになっておりますが・・・。

ばぁちゃんに気を紛らわせて貰おうと(わたしも、か)ラプンツェルを買って出たわけです〜。

ばぁちゃんわたしの髪と30分余りの大格闘!

「へぇ、するするしていっこ(一向に)留まらんが。ダメらねぇバカんなって・・・(ばぁちゃん、自分に対して云っております)」

どうやら父にぶたれた事、忘れた様子(ホッ)。

痴呆症(敢えて以前のこちらを使います。認知症なんて口当たりの良い言葉はピンと来ません)は嫌な思いを引き摺らないためでは?
そんな風に思わずにはいられませんでした。

rapunntuxeru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専正寺さん

ただ今お墓掃除中~(^-^) ピカピカになりました♪

ohakanite


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大美人

昨晩、父の迎えの車で小千谷の祖母宅へ着きました。

父は祖母も一緒に車で連れて来ようとしたのですが、祖母は嫌がって乗らず。
到着した時、祖母は玄関の上がりがまちに小さなオレンジ色の灯りを一つだけ点けて、外を向いてちんまり座っておりました。

声を掛けてもわたしの事は全く判らない顔で、今年の正月一緒に過ごした時よりも認知症が進んだ事は明らかでした。
仕方ありません。一緒に住んでいる父の事すら
「ドチラ様で?」なのですから。

耳がますます遠くなっていたので、そうだ前にわたしの本を見せたら、わたしの事がワカッタなぁ・・・。
思い出し、歌集に載っている顔写真を見せ、

「ばぁちゃん、コレわたし! しづこだよ!」

耳元で叫ぶようにして伝えたところ、

「・・・これオメェサンかねー まぁ~美人らねぇー 大美人(おおびじん)らねぇー」

思わず、

♪モッスッラー、ぃやっ

・・・唄いそうになってしまいました(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着いた~\(^O^) /

越後湯沢で鈍行に乗り遅れたので(;^_^A
(タッチの差で2時間待ちに・・・)
特急の金沢行きに乗り、十日町の叔父宅まで父に車で迎えに来て貰いました。

みなさま、新潟・十日町にお越しの際は「焼肉かしわ」へお立ち寄りを~\(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小千谷にて・その9

ある日、祖母が大事な物をいつもとは違う場所へ仕舞い込んでしまったらしく、父が祖母に声を荒げました。可哀想で聞いていられなかったのですが、父の気持ちも解からないではありません。何度言って聞かせても、すぐに忘れてしまう祖母。病気だから仕方の無い事は父も承知しているのですが、一人で毎日面倒をみなければならないストレスがそうさせてしまうのです。

忘れる事は、別の見方をすれば、“天からの贈り物”とも言えるのでは? 今回の帰省で、そう思わされました。
祖母が呆け始めたのは、祖父が亡くなった事がきっかけでした。昨年は息子二人にも先立たれ、その耐え難い悲しみを忘れていられるよう、呆けが進んだのではないかと。これは今回わたしの亡き叔父の家を皆で訪ねた時、その遺影を見た祖母が「○○(←叔父の名です)は死んだのか? なんでオレより先に死んだか・・・」とオイオイ泣いたのを見て気付いた事です。

父が部屋から離れるのを見た祖母は、わたしに向って、
「オメェさんみてぇな優しい子が、ずーっとオラんとこ居てくれればいいろー」
「・・・バァちゃん、お父さん、怖い?」
「お父さん、オメェさん達には、怒鳴ったり、怒ったりしねぇか?」
逆に聞かれてしまいました。わたしは努めて明るく、
「そうでもないよー。バァちゃんが聞こえないと思って、大きな声出すんじゃないかなー?」

祖母は応えず、“そうじゃない”という顔をして、寂しく笑っておりました。

自分はなんと無力なのでしょう。お金の面で祖母や父の助けになる事もできず、話し相手になるのがやっとの情けない孫娘です。年だけは充分取っているのですが・・・。

大きな宿題を貰って帰ってきた、今回の小千谷への帰省でした。

雪と南天

| | コメント (0) | トラックバック (0)