« ワシはのぅ、乙女座生まれの永遠の乙女じゃけえ! | トップページ | 祭り支度っ♪(^O^) »

勘違いしていたことと、その理由

わたくし、「中村中」というアーティストは「女性の体に男性の心」を持った「性同一性障害」の方かと思っておりました。
彼女が舞台「ヘドウィグアンドザアングリーインチ」のイツァーク役を演じた時に、それをカミングアウトしたと知り、「へぇ、珍しいな」と。「役柄にシンパシーを覚えたからかな?」と。

ですが、このほどの紅白出場報道にてそれが間逆だと言うことに気づいた次第。

昨年の夏、朗読劇でテーマ曲を唄う歌姫役の彼女を生で見ており、その際も全く男性の体には見えませんでした←単に見る目が無いとも言うが(^O^;

でね、なんで「心が男性」と思ったかというとね、彼女の作詞した『裸電球』という歌を聞いた時に、

あんたがよけりゃ 一緒に暮らそう
私なら 行く宛ても帰る宛てもない
抱けばつまらぬ体だけどさ
逃げたりしないよ


・・・女はね、「抱けばつまらぬ体だけどさ」なんて、たとえ思っていたとしても言葉になんか絶対しないから。
女ならね。

|

« ワシはのぅ、乙女座生まれの永遠の乙女じゃけえ! | トップページ | 祭り支度っ♪(^O^) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54437/17376985

この記事へのトラックバック一覧です: 勘違いしていたことと、その理由:

« ワシはのぅ、乙女座生まれの永遠の乙女じゃけえ! | トップページ | 祭り支度っ♪(^O^) »