« いま一番もちつけって言ってあげたい人。 | トップページ | こーむらさん、こーむらさん! »

母帰る

23日、お彼岸の中日の早朝、母が夢に出てきました。

父親や親類への不満タラタラのわたしを静かな言葉で諭(さと)して、困ったように笑って。

何度か母の夢は見ていましたが、今回初めて母は、自分が亡くなっていると自覚しながら出てきたようでした。
なぜなら、わたしが「触ったら消えちゃうかも?」と、おっかなびっくり母の腕を触ろうとしたら、母も「消えちゃうかも・・・?」みたいな顔をして、でも触っても母は消えなくて。

それから、わたしがずっと母の腕を両手で掴みながら、今好きな人の話をしたら、母は「ああ、○○の人でしょ?」って。

「アレ? わたしお母さんにその人のこと話したことアッタッケ・・・?」

と、思ったところで、泣きながら目を醒ましました。
しかも目覚めたら、自分の手がなぜかお腹を掴んでいて・・・そう、夢の中で母の腕と思っていた感触は、自分の腹の肉だった!(^o^;

午後には、お墓に行ってきました。 
父が霊園の案内の人から聞いた話によると、ウチのお墓のデザインがとっても評判良いそうで、見学に来る人来る人、みんなウチみたいにして下さいって言うんですって!

わたしが色々と石材屋さんに「この図案を使って、もうちょっと『川上家』の位置をこっちにズラして、左下の図案だけ1.2倍くらいにして・・・」と細かく注文し、それに全て応えて頂けたお陰で、とても素敵な仕上がりだったので♪

いやぁウチのおかあちゃん、死んでからも人気者やねーん!

|

« いま一番もちつけって言ってあげたい人。 | トップページ | こーむらさん、こーむらさん! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母帰る:

« いま一番もちつけって言ってあげたい人。 | トップページ | こーむらさん、こーむらさん! »