« 脱稿 | トップページ | . »

初めて母が夢に

何故かタレントのラサール石井さんのお宅に泊めて頂いたらしきわたし。

「ボクもう出なくちゃいけないから」と、ラサールさんは迎えに来たマネージャー女史と出掛けられ。

残ったわたしが家に入ってゆくと、脱衣所の前に靴下が丸めて置いてあり、なぜか母のものだと直感したわたしが「おかあさーん」と言いながら戸を開けると、浴槽の中で母がこちら向きに水面に顔を突っ伏していて。
「お母さんっ!」と、悲鳴のような声をあげ、母の顔をあげさせ頬を叩くと「ウーン」と唸って気付いたので、何度か口うつしの人工呼吸をして、
「お母さん良かった! 今、救急車呼ぶから!」とわたしが言うと
「(救急車来るまで)5分しかないから・・・」と母 

そこで目が覚めました。
亡くなる間際の、痩せ細った姿の母でした。

目覚めて時間を見たら9:21。 
三七日(さんなのか・亡くなった日を含めて3×7=21日目)の朝、9/21生まれのわたしに母が会いにきてくれたようです。

病気が憎い。 
母はなんにも悪いことしていないのに、なんであんなに痛く苦しい目に遇わなくてはならなかったのか。

|

« 脱稿 | トップページ | . »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて母が夢に:

« 脱稿 | トップページ | . »