« 今日発売の『週刊実話』 | トップページ | 『青ひげ公の城』 »

おかあさんへ

 古稀の母新しき名もて祝ふ
  南無清和梅香信女精霊  史津子

どう? エロくないでしょ!
気に入ってくれるといいんだけど・・・(^o^;

 こきのははあたらしきなもていわう
  なむせいわばいこうしんにょしょうりょう  しづこ

真言宗で弔って頂きました。我々のようになかなかお経をあげられない者用に、副住職さまが教えて下さったのが「南無・法号(いわゆる戒名)・精霊」と七篇唱えるというものでした。「精霊」と書いて「しょうりょう」と読むのだそうです。

数えで七十歳になってから16日目に仏様のお弟子になった母に、わたしは「誕生日おめでとう!」を言わず仕舞いでした。

|

« 今日発売の『週刊実話』 | トップページ | 『青ひげ公の城』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おかあさんへ:

« 今日発売の『週刊実話』 | トップページ | 『青ひげ公の城』 »