« 母が亡くなりました | トップページ | エンバーミング »

最後に口にしたもの

最後に口にしたもの

3口ずつ、3日間ほど食べました。
表面が平らではなく、ホイップ状になっているその山すら食べきれず。
残りは父、妹、わたしで全て戴きました。

3/3、雛祭りの午後4:19 母、和枝が永眠致しました。
入院して3日目、69歳の誕生日を迎えてから16日目のことでした。
洋裁と編物の先生のお免状を持っていて、わたしの出演舞台では いつも何かしらの衣装を、まさにオートクチュール状態で仕立ててくれておりました。

母の死に際し、句を詠みました。

 雛の宵親が死んでもエロ短歌    賤女
(我ながら因果な女でございます 笑ってやってください)

|

« 母が亡くなりました | トップページ | エンバーミング »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後に口にしたもの:

« 母が亡くなりました | トップページ | エンバーミング »