« おおつごもり | トップページ | はっぴぃにゅういやんばかんオトンオカン♪ »

♪暮れ~の元気なごあいさつ~♪(2006年を振りかえって~初物尽くし)

はい! 2006年も残すところ数時間となりました! ♪暮れ~の元気なごあいさつ~♪ 2006年、ご贔屓頂きありがとうございました!
改めまして、わたくし「自称・日本一のえろきゅん短歌女優(笑)」川上史津子でございます~♪ 

いよいよ来年はボクの年! そう、猪突猛進イノシシ年女でございまっす! キレイな戸籍でゴーゴ、ゴー♪\(^O^)/ ・・・って、ホントはそろそろ繁殖したいのぅ~orz 誰かぁ! 結婚してぇっ!!!

さ、魂の叫びを月に向かって吠えたところで(自爆)、今年の締めに参りましょう。

2006年のイベント初めは1/14、西麻布BULLETSの「SAVOY」にて、えろきゅん朗読&「人形の家」熱唱w ここはわたくしにとってクラブイベントデビューの会場でもあり、感慨深いものがありました♪ 

2月は健康雑誌『安心』にインタビューが掲載されました。わたしが解説を手掛けさせて頂いた歌集『秘帳』に詠われた湯浅真沙子さんの性愛短歌と、中高年の性の悩みを絡めてお話しさせて頂きました。

月末の『アサヒ芸能』にも、ホンのちょっとだけインタビュー掲載あり。

3月は大尊敬していた演出家・作家の久世光彦さんがお亡くなりになられ、ひどく落ち込みました。久世さんには『BRIO』誌上にて、拙著『えろきゅん』をご紹介頂きました。

4月はWebの短篇ドラマに出演。映像の仕事は経験が少ないのですが、スタイリストさんとメイクさんに綺麗に仕上げて頂きました~♪ んがっ! サイト構築の都合とかで夏から配信のはずだっだのが、未だO.A.されておりません・・・orz

イベントは4/14に新宿ネイキッドロフトにて、えろきゅん朗読&「キャバレー(川上史津子日本語訳)」熱唱w ロフトプラスワンの系列店ですが、ネイキッドには初参戦でございました。

また『特選小説』に2ページのインタビュー掲載されました。

それから携帯サイトにて新連載もスタート! テレビ局ポータルサイト「テモ瞬間TV情報局」にて「川上史津子のTV☆短歌道場」と題し、広くTVに材を取った短歌を募集。講評をつけさせて頂きました。こちらは9月にTVコラム「し~ちゃんのタレント総研 チョイト上からモノも~す⌒☆」としてリニューアルいたしました。


5月は初めての寺山修司さんのお墓参りで高尾の霊園へ。6月の寺山さん作の舞台『狂人教育』の成功祈願をして参りました。そして舞台で演じる少年役のために、腰まであった超ロングヘアーをバッサリやっちまいました! 根元をゴムでくくってじゃっきんじゃっきんやってもらったら、美容院の他のお客さんが「きゃあ!」って~(^o^;

6月は初参加の劇団APB-Tokyo公演『狂人教育』にて学ランに眼帯の美少年を演じ切りました! ビジュアル的には、丸尾末広さんの漫画に出てくる少年をイメージして・・・。我ながら大成功でした!(O^-’)b

またお友達であるイラストレーター・石黒亜矢子ちゃんと、漫画家の伊藤潤二さんのご結婚披露パーティの司会を務めさせて頂きました。

7月には日刊ゲンダイで30年振りに復刻したページ、寺山修司原案[人生万才]にて、吉田光彦さんの絵に川上の短歌を載せて頂きました。9月までの全10回の掲載でした。

8月はまず、ポッドキャスティングサイト『Caspeee』にて、恋愛エッセイ&短歌『恋をしたかったらつまらないプライドなんて豚に喰わせちゃいなさい』著者本人による朗読を無料で配信!(現在もお聴き頂けます)
第1話「BLUE」第2話「甘えの構造」第3話「哄笑」第4話「テイル」まで、毎週1話ずつ配信しました。

そして4年振り(5年かにゃ?)に参加したRADAin東京のワークショップで、三島由紀夫作『近代能楽集』より「卒塔婆小町」の小町役、チェーホフ作『三人姉妹』のマーシャ役を与えて頂きました。
久し振りの参加だったのですが、モノカキになってから初めてのRADAのワークショップ。一緒に学んだ役者さん達にも恵まれ、実り多い結果となりました。

9月からは露出ラッシュ! まずは9/4渋谷『青い部屋』にてイベント「乙女ロックス」に緊急参戦。

そしていつも朗読イベントで読んでおります『えろきゅん』初の電子書籍with著者朗読版のリリース♪ おかげさまで、発売してすぐ、サイト内の売上げランキング第1位になりました!

ココダケの話し『えろきゅん』には、また別のカタチでの胎動も・・・。刮目(かつもく)して待っててねん♪

10月には幻冬舎文庫より、わたしにとって初めての文庫『恋する放課後♪』が、初版15000部で発売になりました! 

そして『週刊実話』誌上にて、「川上史津子の艶色短歌道場」スタート致しました! おかげさまで艶っぽい短歌をドシドシご投稿頂けております~♪ もちろん現在も絶賛募集中o(^-^)o

〒105-8618 東京都港区東新橋2-11-8(株)日本ジャーナル出版週刊実話編集部「艶色短歌道場」宛に、ご住所・お名前(ペンネーム)・年齢を明記の上、お葉書・FAX・メールのいずれかでご応募下さい。1回につき3首まで。FAXは03-3436-1849 メールの方はjituwa@nihonjournal.jp

10/14にはわたしの古巣・江古田の、カフェフライングティーポットにて朗読イベントのメインゲストとして、常川博行さんと共にお迎え頂きました! わたくしはえろきゅん朗読の他、夢野久作の「瓶詰の地獄」もご披露しました。

11月には人妻に特化したH月刊誌「ウォーA組」で、エッセイ&短歌『新こてぃん和歌集』の新連載がスタート!

そして6月に引き続き、劇団APB-Tokyoによる寺山修司作品上演『田園に死す』にて、主役の少年を演じさせて頂きました~! 生きてる半分を演劇に捧げて参った人生ですが、中でも一番難しい役で、でも一番みなさまから高く評価して頂けた芝居でもありました。

12月はイベント納め。12/22に、参加している「かいぶつ句会」の年末恒例イベント「かいぶつ祭り」にて、えろきゅん朗読&「人形の家」を熱唱して参りました~。特に、歌の最中に自己紹介を持ってくる試みがバカウケで、とーっても嬉しかったのです♪

振りかえれば、初めてだらけの2006年でございました。
来年は3本のお芝居に出演が決まっております! 詳細はまた改めてお知らせ申し上げますね。

それでは来たる年が、みなさまにとって佳き年でありますように・・・♪ 

しづこ拝 

|

« おおつごもり | トップページ | はっぴぃにゅういやんばかんオトンオカン♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54437/13285702

この記事へのトラックバック一覧です: ♪暮れ~の元気なごあいさつ~♪(2006年を振りかえって~初物尽くし):

» Google []
Google is the best search engine [続きを読む]

受信: 2007/01/23 16:25

« おおつごもり | トップページ | はっぴぃにゅういやんばかんオトンオカン♪ »