« 今日の日刊ゲンダイに | トップページ | 初日、お立ち見出ました~♪m(_ _)m »

駈ける吾の背に突き刺さる母の声  賤女(しずめ)

公演初日の朝。

少しく寝坊をし、母が作り置いてくれていた、ゆかりのおにぎり、豆腐となめこの味噌汁を文字通り流し込む。
食べきれなかった二つばかりを、お持たせにしてもらう。母がハンカチで小さな包みを拵(こしら)え、わたしの目の前の食卓に置いてくれる。

食べ終えて歯も磨かず、玄関で靴を履きながら、
「いってきます! ・・・今日から本番!」
言い捨ててて飛び出し、今まさに加速せんとしたとわたしの背に、母の叫ぶ声。

「しづこ、おにぎり!」

期せずして「踵(きびす)を返す」を体現したことであったよ~!(^o^;

|

« 今日の日刊ゲンダイに | トップページ | 初日、お立ち見出ました~♪m(_ _)m »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駈ける吾の背に突き刺さる母の声  賤女(しずめ):

« 今日の日刊ゲンダイに | トップページ | 初日、お立ち見出ました~♪m(_ _)m »