« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

「ヨコハマメリー」を見終わって

4/15(土)、横浜は伊勢佐木町の映画館「横浜ニューテアトルにて、『ヨコハマメリー』(中村高寛監督)の初日を観て参りました。

かつて・・・といっても、ほんの十年ほど前まで、ここ港町ヨコハマに、ひとりの老いた娼婦がおりました。
背はくるりと曲がり、練り白粉を塗りこんだ顔は、耳の後ろまで一分の隙もなく真っ白。両目の周りはアイシャドウで黒々と縁どられ、真っ赤な口紅にフランス人形のようなヒラヒラしたドレスをなびかせて。大きな金色のバッグを二つぶら下げ、手袋をはめた手には日傘、といういでたちでヨコハマのあちらこちらを歩いていたそうです。
「ハマのメリーさん」彼女はそう呼ばれておりました。

実はわたくし自身も、実際にメリーさんを幼い頃この目で見ていたひとりです。
小学生の頃、東横線・反町駅にあった学習塾に通っておりました。毎週日曜日は、塾の実力テストがあり、テストを終えた夕方は横浜駅付近を散策するのが常でした。塾のだれかが一緒だったこともありましたが、ひとりの時も多かったように思います。
ある日曜日、わたしがテストを終え、いつものように本屋へ行こうと「横浜高島屋」に向かって歩いていた時の事です。薄いピンクのドレスを着て、髪の毛をひっつめた白塗りのおばあさんが歩いていて、幼な心にギョッとしました。そして帰宅するなり母親に、「今日、真っ白いおばあさんがいたよ!」と報告したことを憶えております。
長じて、中島らもさんの『白いメリーさん』を読んだ時、「ああ、わたしが見たあれがメリーさんだったのか!」と・・・。

先のエントリのコメント欄にも書きましたが、本作「ヨコハマメリー」は、本当に繊細で素敵な映画だったと思います。
監督さんはまだ30才とお若い方ですが、ドキュメンタリーの作法をご存知の方とお見受けしました。

わたしの思う「ドキュメンタリーの作法」を、少々解説させて下さい。

巷には「ドキュメンタリー」と冠のついた番組が溢れかえっております。TVで頻繁に目にする、例えば「大家族・○○さん家に密着!」とか、幼児がひとりで初めて買い物に行く番組とか。

ドキュメンタリー作品には取材される対象がいて、それを追いかけている映像があります。限られた放送時間で、対象を「切り取る」以上、そこに当然「演出」があります。
映像(に限らず、報道記事もそうだと言えますが)の怖いところは、その編集の仕方如何(いかん)によっては、視聴者に、取材された対象への見方を決定づけてしまうことが出来る点です。
例えば、同じ対象を撮ったテープがあるとして、映像の繋ぎ方を変えたり、ちょっとナレーションを入れたり、あるいはひとつのカットを丸々削除するだけで「大家族で貧乏だけど、元気に生きてます!」が「親がこんな育て方をしたから子供がダメになるんだ」と、正反対になってしまったりもするのです。
ヒドイものになると、「これゼッタイ台本あって、家族云わされてるよー!」と、ミエミエの場合も・・・(あ゛、なんだかわたしが常々「うんこドキュメンタリー番組」に対して思っていた「クサし」になってしまった(^0^; スミマセン!)


『ヨコハマメリー』は、中村監督が5年越しの取材を通じて切り取った、メリーさんとその周辺の人物を追った作品です。
見終えて一番強く感じたのは、取材の対象への敬意と愛情、でも決してそこに観客をミスリードするような過剰な演出を加えていなかったということ・・・。云ってしまえば、それは監督さんの人間的な品性の問題です。その点でわたしは非常な感銘を受けました。

そして本作はある種の奇跡を内包した作品です。それは登場人物に、既に鬼籍に(ダジャレじゃないよw)入られてしまった方がいらしゃること。そのタイミングが、また更にこの作品の価値を高めていると思いました。

ネこれから御覧になる方々のためにネタバレしたくないので多くは書きませんが、ひとつだけ! パンフレットの最後の文章は、感涙必至です。みなさま! パンフは購入すべしでございますよ~!\(^0^)/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

こーれーでーたーぃぃいーーっ!(^ロ^)

『平安の歌会、優雅に再現 京都・城南宮で曲水の宴』

2006042900000115kyodoentthum000

平安時代の宮中の歌会遊びを再現した「曲水の宴」が29日、京都市伏見区の城南宮であり、例年より多い約1800人の観光客が王朝絵巻さながらの優雅な雰囲気を楽しんだ。
 曲水の宴は、古代に中国から伝わった宮中行事。庭園を流れる「遣水(やりみず)」のほとりに歌人が座り、酒杯を載せた「羽觴(うしょう)」という水鳥をかたどった台が流れている間に、歌を詠み、杯を飲み干す遊び。
 この日の歌題は「三月三日」。800年前に藤原良経が、現在の京都御所の近くで曲水の宴を復興しようと試みた故事にちなんだ。琴の音が響く中、鮮やかな色の衣装をまとった公卿役と女官役の男女7人が短冊に筆を走らせていた。
 城南宮では春と秋の2回、曲水の宴を無料公開している。
(共同通信) - 4月29日18時15分更新


わたしエロ短歌上手に詠めるよっ!(^0^)
誰か、藤原さんちにツテをお持ちでは!?(←完全に他力本願寺w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『狂人教育』チケットプレゼント!

Kyoujin013apb


川上が出演する舞台のご案内です~♪
寺山さんファンの方、また寺山芝居未体験の方にもお楽しみ頂けるよう、寺山さんゆかりの出演陣が、がんばっております!

6/2(金)~4(日)
劇団☆A・P・B-Tokyo@ザムザ阿佐ヶ谷
『狂人教育』作:寺山修司 

Small_chirashi_omoteSmall_chirashi_ura開演時間
6/2(金)19:30 
3(土)15:00/19:30 
4(日)18:00
チケット
前売り¥3,000 当日¥3,500(共に全席自由)

寺山の言葉で観客席に感動を与え続け、数々の主役を
演じた、奇才・高野美由紀が!!
寺山の精神を継承し寺山の語り部、アジテーションの
申し子、元「天井桟敷」の昭和精吾が!!
寺山の意思を受け継いだ、「演劇実験室◎万有引力」からは、村田弘美が!!
寺山の歌をこよなく愛する、今話題の「えろきゅん」歌人、
川上史津子が!!
音楽はあのJ・A・シーザー!!(元・天井桟敷)/ 高木尋士
宣伝美術には、日本アクリル画家の第一人者、智内兄助!!


チケットのご用命は、日時、枚数、お名前をコメント欄に書きこんで頂くか、わたくしまでメールを下さい! 
受付に「川上扱い・前売り料金」でご用意させて頂きます。全席自由席です。ご来場頂き、受付にてご精算頂いた順のご入場となります。 
公演数・キャパが限られておりますので、お日にち決まられたら即お知らせ下さいませ! 

Senden2

で、今回はblog「パイロン」を御覧頂いているブロガーの方を対象として、初日のチケットを3名様にプレゼントさせて頂きます~♪ もぉね、個人的に開催するトラックバック企画(爆)。舞台女優・川上史津子や寺山芝居への熱い思いを記事にして、このエントリにジャンジャントラバして下さいませ! わたくしが独断と偏見で選ばせて頂きまっす(笑)。

会場が小さいため、御招待出来る人数が限られていてごめんなさい(あーんど、チッチャイ声でお願いが。当選された方、ゼヒゼヒお友達をイッパイお誘い頂き「川上のチケットで!」と、大きな声で受付で仰って下さぁい! プレゼントに外れちゃった方もそのように・・・。ただし、万が一満席になってしまった場合にご入場頂けない可能性がございますので、ご予約をお願いしております~)。
GW明けに、当選者の方へご連絡&発表させて頂きたいと思っております。貧乏役者に愛の手を・・・m(_ _)m

阿佐ヶ谷ザムザで、6月にお会いしましょう♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

「川上史津子のTV☆短歌道場」スタート

Temo_top1

携帯のテレビ局ポータルサイト「テモ瞬間TV情報局」にて、4/25より広く皆様から短歌を募るコーナーが始まりました~\(^0^)/

「川上史津子のTV☆短歌道場」略して、
「し~ちゃんの てれたん☆ど~じょ」でございますぅっ! 
ぴーぴーぴーどんどんぱふぱふ~♪(え? 何故タイトルに☆が入っているか、って? だってテレビには“スター”がつきものだからねぃ♪←あ、今ちょっとウマイこと言ったw)

テモサイト・TOPページの

TV番長Column
┗し~ちゃんの
 てれたん☆ど~じょ

というのが、それです♪

TVを観ていて気がついた面白い事や人、矛盾を5・7・5・7・7の短歌に詠んでツッコミを入れちゃおう! というコーナーです。わたくし、川上史津子が選者を務めます。 
TVで放映されたことなら、なんでもOK! オールジャンルで受け付けます。わたしの好みとして、シャレが利きつつも、どこかクスリと笑える作品が良いなぁ・・・(*^~^*)

優秀作には☆を1つ~3つ差し上げます。
採用された方には、星の数に応じてテモサイト他で使えるポイントをプレゼント! 
テモへの登録は無料ですので、お気軽にどしどしご応募くださいね~♪


「テモ瞬間TV情報局」http://tmch.jp
アクセスは上記のアドレスを携帯にご入力頂くか、下記のQRコードをバーコードリーダーで読み取って下さいませ。

Qr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大変ごめんなさい~m(_ _)m

「6/10発売決定!」とお知らせ申し上げたわたくしの最新刊『恋する放課後♪』(幻冬舎文庫)ですが、スミマセン! 発売延期も決定しちゃいましたっ!(^0^;
がんばって書き直しに書き直しを重ねたのですが、どうせならもう一息フンバッテ最高の作品を! 目指せスーパーヘブン! いやさウルトラヘブンを!(©美濃輪育久選手)ということで、2006/10/10(体育の日・目の愛護デー)までお時間を頂くことに。

更なるブラッシュアップ、レヴェルアップ、ハンズアップでアップアップ!(←“あっぷあっぷ”じゃアカンがなw)
ワッサワッサがんばって参りますので宜しくお願い致します~m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記に書くことが無い日の日記

強制的に書かされた日記に書くことが思い浮かばず、
「今日は書くことがありません」
という日記を書いていた小学生の頃。
あ、あと赤ペンで、
「晩ご飯のオカズ以外の事も書きましょうね」
と入って返ってきたりとか。

大学時代、演技の講義で
「その俳優に与えられた役は、一本の芝居の間『主人公の後ろのバーカウンターで、観客に背を向けて考え事をする』というものだった。初めの日、男はカウンターにあった小道具のマッチをいじりながら、マッチを作る工程・・・木を切り出し、マッチの大きさに研磨して、軸木のアタマを燐に浸して乾かして、マッチ箱もボール紙を切り取って組み立てて、出来上がったマッチを詰めて・・・、と考える事でその時間を乗り切った。が、翌日の事を考えると男は憂欝になった。・・・さて、次のステージで男は何を考えたか? 来週の授業までの宿題です」

言い残して帰っていく担任。
ピン! と来たわたしが教室の外で担任を捕まえ、耳元でわたしなりに考えた答えを囁いたところ、彼は驚いた顔をした後、
「来週まで、みんなにいわないでね」
ニヤリと笑ってそう言った。


あ、日記書けてるし(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この数か月で私が最も香ばしさを覚えた言葉


Kowaredeteimasu


| | コメント (2) | トラックバック (1)

露出狂の詩

↑なにやら巣鴨のピンサロ店みたいなタイトルですが(爆)

帰宅したら、先日ライターの山瀬よいこさんにインタビューして頂いた『特選小説』(綜合図書)と、出演したニフティ競輪サイトのネットドラマの初号ビデオが偶然同じ日に届いていました。

『特選小説』は、いわゆるA5版小説誌で、官能小説に特化しています。書店でコッソリどぞ~(良い子は大きくなってから♪)。よいこさんの連載ページ『懐古的えろちか探訪』のページに登場させて頂きました(←露出wその1)。

☆山瀬よいこさんのプロフィール☆
フリーライター。「エロはエゴである」がポリシーの女エロ事師。たまに趣味で「料理」「音楽」分野の仕事もするが基本は「エロ」。
著作に『アダルト・ライフ』(リム出版新社)、『女流作家10人が教える あなたにも書ける官能小説』(雷鳥社)がある。ルポのほかにノベルやシナリオ、コミック原作なども手がける器用ビンボー。

よいこさんは、わたしが新宿ロフトプラスワンで唐沢俊一さんと共演させて頂いたイベント『レトロエロ朗読ライブ』(ロフトブログ05/02/26に、ロフトのスタッフさんによるレポあります♪)にご来場下さり、終演後お声を掛けて頂いたのがご縁で、今回取材をして頂く運びとなりました! 
お受けするに当たり、連載のバックナンバーを拝見させて頂いたのですが、どこかノスタルジックな匂いのする性愛作品を生み出す作家やクリエイターを扱った、短いながらも読みごたえあるルポルタージュで、即お引き受けした次第です。このページにご指名頂けたのも光栄でした~♪ 将来的には纏(まと)めて本になるご予定とのこと。その節はゼッタイ購入させて頂こうと思いました(^0^)/

んでもって露出その2は、川上の数少ない(苦笑)映像演技のお仕事。競輪ネットドラマの配信は7月からを予定しているとのことです。川上ちゃんとアップも映ってた! 
良かったぁ~o(*‘-‘*o)(o*’-’*)o
↑そりゃ、出てるって(笑)。
共演の高橋長英さん、激シブでしたのぉん♪

いずれもどうぞご贔屓に~!m(_ _)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「えろきゅん成分解析機」

みなさま、巷で評判の「成分解析 on WEB」知ってはりますぅ? リンク先の入力ボックスに、調べたい人や物の名前を入れると、その構成成分が出てくるというお楽しみ♪

例えばわたしの名前だと、

川上史津子の解析結果
川上史津子の73%は真空で出来ています
川上史津子の12%は月の光で出来ています
川上史津子の9%は濃硫酸で出来ています
川上史津子の4%は言葉で出来ています
川上史津子の2%は成功の鍵で出来ています

みたいな結果に!(真空? ってことは「飛びひざ蹴り」? キックの鬼・沢村忠は日芸のOBだったそうな・・・って、誰も食いつかないようなトリビアを振ってみるテストw)

で、イロイロある成分解析機の中で、最も得心いったのがこちら。
「B型成分解析」

B型成分解析による川上史津子の解析結果

川上史津子の46%はB型ですが、何か?で出来ています
川上史津子の39%はろくでなしで出来ています
川上史津子の7%は社交性で出来ています
川上史津子の5%は自己愛で出来ています
川上史津子の3%はひきこもりで出来ています

かわかみしづこの52%は不可能を可能にする力で出来ています
かわかみしづこの37%はおっさんからの愛で出来ています
かわかみしづこの9%はわがままで出来ています
かわかみしづこの2%はアナーキーで出来ています

し~ちゃんの45%は可能を不可能にする力で出来ています
し~ちゃんの45%は正直で出来ています
し~ちゃんの7%はひきこもりで出来ています
し~ちゃんの2%は唯我独尊で出来ています
し~ちゃんの1%はアナーキーで出来ています

セロニアス冗句の52%は個人プレーで出来ています
セロニアス冗句の37%はボケで出来ています
セロニアス冗句の9%はアナーキーで出来ています
セロニアス冗句の2%はTバックで出来ています

どれもこれも怖いくらいに当たっていて、ウ~ムあなぁきぃ(無秩序)・いん・ざ・ヨコハマ・・・(・0・)
唯一違うのが「2%のTバック」わっち、クイコムのが大の苦手であります・・・orz

んでもってコチラ、なんと自分で作ってみることも出来るのです! ってなワケで早速、「えろきゅん成分解析機」作っちゃった~♪(^0^) みんなでやってみよう!
拙著『えろきゅん』(講談社刊)をお読みになりつつお楽しみ頂けると、これ幸い⌒☆

| | コメント (5) | トラックバック (1)

「ヨコハマメリー」を観に来たよ

「ヨコハマメリー」を観に来たよ

横浜ニューテアトルにて映画「ヨコハマメリー」(中村高寛監督)の初日! 凄いよ! 12:30に来て買えたのが15:30のチケット 15時の時点で、17:30、19:30の分を売っています! スゴイ列~\(^O^)/

99年に、「横浜夢座」の舞台でお世話になった五大路子さんの初日舞台挨拶があると聞いて来たのですが、ザンネンながらその回はイッパイで入れませんでした(>_<)

でも! 13:30の回を見終えられて出てきた五大さんにお会いすることが出来、拙著をお渡しすることが出来ました!(^-^)

五大さんは8月に一人芝居「横浜ローザ」の公演も控えていらっしゃいます。そちらも楽しみです~♪(すぐ売り切れちゃうので、今年こそチケットを入手せねば・・・!)
(写真は宣伝隊のメリーちゃん達と♪ 風が強く、寒い中がんばってらっしゃいました!)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

夢の中で

夢に、ずっと好きで好きで堪らなかった人が出てきました。

自分の夢なんだから、せめて夢の中でくらいもう少し優しくしてもらえてもいいようなものですが、割りと邪険にされてしまい、目覚めた時真剣にヘコんでおりました(^o^;
夢の中までマゾっぷりを発揮せずともよかろうもん、ジブン・・・orz

その人とは、カッシー(俳優の柏原崇さん)のことなんですけど(ハズカチイ~!)

昼間に「いつもふたりで」の再放送を観たせいです。笑っちゃうほどジブン、単純です~!(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/14ネイキドロフト初参戦♪

いよいよ明日となりました! 来てちょんまげ⌒☆ 
一曲唄うよ~(って、誰からも「唄って!」って、頼まれてないけどねっ!爆)
朗読のバッキングDJを、DJ SAKAEちゃんが勤めて下さいます 久々の共演でっす♪

☆4/14(金)
THeゴッドパァーニャプロデュース
[武骨天使の会 #3] @新宿ネイキッドロフト 
open18:30 start19:30
チャージ¥1000+飲食別
川上の出番は20:00頃を予定! 
麗しのベリーダンサー達がてんこもり♪ 

出演 
松本キック(大川興業)
川上史津子(えろきゅん短歌)
バルカン姉妹(あいどるダンサ)
サリー(?)
Djなごみ、極みetc
http://www.loft-prj.co.jp/

詳細出ましたっ!
みなさまのご注文が席亭と演者を支えます! 
沖縄料理の美味しいお店だそうです お酒も飲めます 
お腹ペコペコでいらしてぇん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでZ?

なんでZ?

銀座線は「G」、千代田線は「C」
んじゃ、半「ZO」門線ってコト~?(;^_^A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵に描いたような

エビちゃんの棒読み♪@『ブスの瞳に恋してる』
いや、ここまで来るとむしろ清々しくさえある、ウム。

に、してもマギーの脚本は、マギーが演出しないとなーんの魅力もないことを再認識させられました・・・orz

昔、深夜にジョビジョバメインでやっていたコント番組、好きだったなぁ~! 評論家ばりにめっぽう映画に詳しい工事現場のおっちゃんのスケッチが秀逸でした(^0^)。
思うにマギー氏は『人間観察の人』なんでしょうね。ちょっとナナメから、毒もあるんだけど、仕上りは軽めに見えるようなキャラクター造形とシチュエーション。
だから、第一回目の放送では、それを脚本から読み取れた役者さんと、そうで無い人の差が歴然としてしまって・・・。恐らく演出家さんもその辺りにまだ踏みこめてない気が致しました。

そういう観点から云えば、カリカチュアライズ(戯画化)された、エビちゃん演じるところのモデル役は、大いに『アリ!』なわけです。エビちゃん、ガンガンいっちゃって~♪ 
以上です! スタジオさん、お返ししまぁ~すo(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とるねぇどおっ!

とるねぇどおっ!

♪寝グセがとってもヒドイからぁ~(ビブラートを利かせて
 ハイトーンで唄うことw)

思わず写メってしまいました(^o^;

いやー、それにしても しづこおばちゃんこれで結構長い
こと生きてるけど、こんな激しいことンなったの初めて!
人生、まだまだ退屈しないねぇ~o(^-^)o

| | コメント (3) | トラックバック (0)

へえぇ~

へえぇ~

ジョージ・マイケル、来日してるんだぁ・・・(*_*)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

撮影終了っ!(o^o^o)

撮影終了っ!(o^o^o)

ラストのソロシーン、一発オッケ♪ YEEEEES!\(^O^)/

わたくし、映像演技の経験は数えるほどしかございませんが、舞台とはまた別物の緊張感があって、めちゃめちゃ楽しむことが出来ましたー!o(^-^)o
こう、血が瞬間湯沸器のように沸騰するカンジとでも申しましょうか・・・(^-^)

評判が良ければ、連作になるそうなのです。
応援宜しくお願いします~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は撮影でした~o(^-^)o

今日は撮影でした~o(^-^)o

6月から配信予定のニフティ(いつもお世話になっておりますm(_" _)m)・競輪サイトのwebドラマの撮影でした~\(^O^)/

また詳細でましたら、改めてアップさせて頂きまぁす♪

写真は主演の秋定里穂ちゃんとo(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花のゲリラ

ロンドンで、荒れた公共の花壇を行政に無許可で夜中の内に植えかえるという団体があるというニュース。

植える植物は、リーダーのポケットマネーと、賛同する人の寄付で賄われているそうです。

う~ん、アナーキー(無秩序)いんざU.K.・・・o(^-^)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな名前で出ています

Joke

春なのでmixiネーム&顔を変えております。

 セロニアス冗句

・・・モンクあるぅ?(わかる人だけ笑って下さい) 
検索で遊びに来てね~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JAYライブに飛び入り『えろきゅん』朗読♪

3/31(金)は六本木『alfie』にて 大好きなソウルシンガー、JAYさんのライブでした!

リハーサルから参加して、店長さんのOKが出たら飛び入り朗読させて頂く予定でした。
JAYのパフォーマンスのお邪魔になってはイケナイ! という思いがひとつ。また我が作品ながら、万人に受け入れて頂けるとも限らない内容ですので・・・(^o^;

で、やっちゃいました~!

JAYのオリジナル曲、「City Lights」の後奏部分、JAYが英語で「今度はみなさんからおはなしを聞きましょう・・・」と、客席を見渡し、わたしに手を差し伸べてステージへエスコートしてくれて(この演出が上手いんだ~♪ さっすがライブ経験豊富なシンガー! How sweet that was!)。
『えろきゅん』から「黒いワンピース」を読ませて頂きました。 

めっちゃテクありのフルバンドの演奏(荻原亮(g) PENNY-K(key) 原たけし(b) 滑川栄(ds))&JAYの生声で、
♪City Lights City Lights・・・ 
と、ウィスパー付きの豪華版朗読。ああ、今思い出しても夢のよう・・・(ポワァァァン♪)
おかげさまで、お客さまからも温かい拍手を頂く事が出来ました。

「久々にしづこちゃん緊張しちゃったぁ~!」の、まっきっ!o(^-^)o

060216jaymotionblue

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »