« へんづつ(俳句Ver.) | トップページ | 「かいぶつ祭り」出演者大決定! »

歌集『秘帳』の解説を

初めてひとさまの歌集の解説文を手掛けました!
(以下プレスリリースより引用させて頂きます)

hichogazou

ある女の愛と性の歌集
『秘 帳』

歌・湯浅真沙子 
写真・トキナオミ 
解説・川上史津子

本書は40年以上前に出版され、当時発禁となった女性の愛と性、そして人生模様を過激に描いた歌集である。極上エロスを追求する鬼才の写真家と気鋭のエロティックな歌人、そして若いまま消息を絶った歌人という、3人の女性の手による最高のコラボレーションで甦る伝説の肉体歌集。

トキナオミ 写真
私生活はヴェールに包まれている女流写真家。
戦慄するほどの美とエロスを産み出す鬼才。

湯浅真沙子 著
自らの性生活を歌に遺し、若くして夭折した幻の歌人。
富山県出身、日大芸術科出身以外の経歴は不明である。

川上史津子 解説
女性にとってのエロスを三十一文字に現出させる
斯界のホープ。湯浅短歌の魅力を余すところなく解説する。

〈作品より〉

  日記帖に印す×の意味はふかし
             その夜のかずと知らば笑はん

  風呂のなかで誘ひたまへど出来ざるを
                二人声立て笑ひけるかも

  朝あけに君なつかしむ
            わが床に乱れてちりし桜紙かな

  眼つむりて君たはむれの手に堪へず
                 思はず握る太しきものよ

発行:北溟社
発行日:2005.11.29
定価:2800円(税別)
四六変形判 函入 上製
ISBN4-89448-493-5

北溟社(ほくめいしゃ) 
〒162-0801 東京都新宿区山吹町344第3英晃ビル2F
TEL:03-5225-0723 FAX:03-5225-0724

11/29発売になりました。川上史津子、初めての解説文! お役に立てておりますかどうか・・・?
書店の短歌コーナーにて、お手に取って御覧頂ければ幸いです~♪

|

« へんづつ(俳句Ver.) | トップページ | 「かいぶつ祭り」出演者大決定! »

コメント

昨日週刊誌にて湯浅真沙子歌集の復刊のこと知り川上さんいかなる感慨もて受けとられたかなど思ひつつアクセスしてみれば「後輩」の右代表として解説書いてをられましたか。ご活躍のほど何より。自分なりに感じたところを「歌物語」にしてトラックバックさせていただきました。自分の立場としては主に湯浅さんの歌が「仮名遣」で書かれてあることを重視して彼女に続く方も是非「仮名遣」で試みていただきたいとは思ふわけです。現代かなづかいを称するかなころがしとは煎じつめると一国が自国の文の精髄価値に呪ひを掛けて居るやうなところがあるわけでして。穴明き五十音図とはたとへば指が二三本無くても苦にすることないぢやないかといふヤ印の論理でしかない。これでまつたうな性愛まして一般的な愛も育ち得るかと危ぶんで居ます。話が硬くなりました。失礼。

投稿: 波江究一 | 2005/12/03 03:08

>波江さま
ご無沙汰ちゃんであります♪
お気に留めて頂きありがとうございます!
お変わりありませんか?

はてさて、先日現物が手元に参りまして

・・・orz

現代風のヌード写真と装丁がドギツクて
正直申し上げて わたしはガッカリでした!

湯浅さんの短歌は、わたしはここで添えられた
写真とは別の世界のエロティシズムだと
わたくしは読み解きました
もっとおおらかで健康的な・・・

自分が関わっていながらこう申し上げるのもなんですが
(あーんど馬鹿正直に過ぎるキライもありますが)
インパクトの強い写真の情報に惑わされること無く
どうぞ湯浅短歌と川上の解説文をお楽しみ下さいませ~!

投稿: し~ちゃん | 2005/12/21 15:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54437/7427041

この記事へのトラックバック一覧です: 歌集『秘帳』の解説を:

» うつしみ百二十 發禁 [いろは 伊呂波 IROHA]
發禁 發禁の語も今更に笑まはしく  肉愛詠みて折り目正しき 朧世の世話負ひ打ち消せど捨てぬ室有爲路寝ぬ湯槽へ和ゆ名 閨の聲洩らすさへ罪なへる世の  遠ざかれるか艶や冷え居ぬれ はつきんのこもいまさらにゑまはしくにくあいよみてをりめたたしきおほろよのせわおひうちけらせとすてぬむろうゐちねぬゆふねへあゆなねやのこゑもらすさへつみなへるよのとほさかれるかえんやひえゐぬれ 湯浅真沙子「秘帳」四十年ぶりに再刊のこと週刊誌にて知り、かつ川上史津子氏解説つきとのことなれば未だ読みをらねど挨拶まで。 ... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 02:54

« へんづつ(俳句Ver.) | トップページ | 「かいぶつ祭り」出演者大決定! »