« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

「世界の山ちゃん」で

手羽先ガッツリいったりましたわー(^Q^)/^

tebagatturi

「愛・地球博」記念。嘘。
「世界の山ちゃん・新大久保店」にて、ひたすら手羽・てば・テバのオンパレードでしたわー♪ 手羽orダーイ(爆)。
いやマヂで「手羽以外に酒しか頼まない!」というポリシーのお食事会だったのです~。旨(ンマ)かった! 

tebasawa

↑この笑顔で手羽先イメージガールに・・・って、ムリだから(笑)。オイシイと鼻の穴が膨らんでしまふのれす~♪

teba16

んで、これがわたし一人で完食した分ですの(一番上の写真はみんなで食べて、ですから! ホントだよー)。
数えやすいように1手羽につき、一番太い骨1本だけ残して並べてみましたん♪

ごちそうさまの直後は、「イヤー、手羽もう半年分は食った~!」と思っておりましたが、今こうしてレポ書きながら、早くもまた食べたくなっちゃっております! 「世界の山ちゃん」恐るべし・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月に

37℃越えって!

気候の変化に人類の進化が追い付きませんからあっ!!!

(6月、って書き出しで“花嫁”とかそういったラインに繋げられない自分にガッカリ・・・の巻!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスが溶けた日

ウチのおかあちゃんがパートでお世話になってる酒屋さんのアイスボックスが故障して、アイスクリーム類が全滅!(モチロン食べられないということではないのですが、再度凍らせたところで食感が落ち、売り物にはならない状態に)

ご主人から電話を頂き、母が救出に向うもその母からまた電話で出動要請がっ! 妹が車を出し、わたしも同乗して半溶けのアイス約70個余りをまず我が家の冷蔵庫に・・・と思ったものの全てのアイスが納まるべくもなく(普通の家庭用冷蔵庫。しかもほどほどに食材入りの、ですから)30個弱押し込んだところで諦め、残りは妹の会社の冷蔵庫へ収納する事に。
わたしもそのまま助手席に乗って会社の前までくっついて行きました。

「お姉ちゃん、(車で)待ってるね」

それから約20分余り、妹は戻らず、閉めきられた車中に取り残されたわたしはまさにユデダコ! エンジンは切られ、鍵は妹が持って出たために窓も開けられなかったわたしは軽いパニック状態に!

その30秒後、“ドアは開けられる”ことに気付かなければ、危うく「しづこの姿煮」が出来るところでした。煮殺されるかと思いましたよ、マヂで・・・orz

全国のお母さん&お父さん! 絶対夏場にお子さんやペットを車の中に残していっちゃイケマセンよ! 30過ぎた女(独身←カンケーないって)ですらパニクって、死にかけてますからねっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妹ちゃんとオール♪

今日はこれから妹ちゃん連れて、友人のイベント@恵比寿zazou→伊達男ナイトDX@新宿ロフトプラスワン〜o(^-^)o

「水中、それは苦しい」と「猫ひろし」さんが楽しみっ!

東横上り車中にて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフ

自分写真を携帯の待ち受けにしたところ、妹ちゃんから

「・・・このウソツキがあっ!」

罵倒されまくりまくりすてぃな、自分大好き♪ 33歳・独身・・・( -_-)

0746

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WARNING!

lily

気を付けて 百合の花粉は 落ちないよ   賤女
きをつけてゆりのかふんはおちないよ   しずめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムスリップグリコ

berabou

大阪万博編、シークレットデター!!!
『太陽の塔・2005』だそうです♪

同梱の解説書、写真の岡本敏子ママの笑顔が泣けまする・・・。


祝祭の 空切り裂いて 御神木
しゅくさいのそらきりさいてごしんぼく

賤女71年降誕
<太陽の塔>吾が母を 孕ませり
<たいようのとう>あがははをはらませり

ベラボーなひと ベラボーなものつくる  賤女
べらぼーなひとべらぼーなものつくる   しずめ                       
 
連作俳句「EXPO’70」より抜粋
(2004年10月「かいぶつ句集 第19号」に発表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MusicalBaton~ミュージカルバトン、キター!!!

同い年繋がりのSHINOさまからミュージカル・バトンが廻って参りました。

i(アイ)ナンチャラはおろか、MDすら無いのですよ、ウチ・・・(>_<)。CDウォークマンとPCでCDを聴いてます。モノによってはMT(ミュージックテープ)とか! 懐かしや~。

そもそも「ミュージカル・バトン」とはなんぞや? 
・・・解説やツッコミは追々ってことで、先ずやってみましょ♪

Q:Total volume of music files on my computer
  (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
A:0 
  ゼロです。PCボロいのです。

Q:Song playing right now(今聞いている曲)
A:No song. 
  仕事中、音はあんまり鳴らしません。一緒に唄っちゃったりするので。逆に流していた音をウルサク感じて切ったりすると「あ、わたし集中してる!」って、わかったり(笑)。

Q:The last CD I bought(最後に買ったCD))
A:COVER LOVER vol.1「Bossa de Punk」
  仲良しのボサダビッド・上出氏プロデュースの一枚。有名洋楽パンクのbossaアレンジヴァージョン! 心地いいコトこの上なし♪

Q:Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
A:
MADONNA「Border Line」
CYNDI LAUPER「I’m Gonna Be Strong」
KATE BUSH「Wethering Heights」
THE CHIMES「Love Comes To Mind」
LIZA MINNELI「Cabaret」


Q:Five people to whom I'm passing the baton
  (バトンを渡す5人)
A:孝*ちゃん@tm-days
  ずるずるさん@みられてもいいせいかつ。
  テリー植田さん@テリー植田のこれがニュース。

ふううぅぅ~。ちかれたび・・・(真剣に考え過ぎだ、っつーの)。いえね、やっぱり思い入れのある曲って、シッカリ選びたいなぁ~、なんて。
①~④が中学生時分に洋楽にハマッタ頃の曲。あ、ザ・チャイムスだけはも少し後だったか? マドンナもシンディも、アルバム丸々見ないで唄える程だった。ケイト・ブッシュは8枚組みのCDBOXを父親に買ってもらった。ザ・チャイムスも、やはりMTVで知ったのがキッカケ。もう日本でCD売られて無いみたい。あんなに素敵なのに・・・org
⑤の「キャバレー」は大学でミュージカル研究会に入っていた頃に知ったのだったろうか。ミュージカル、好きだったのねん・・・。役者を目指したキッカケも四季の「CATS」だったりするし(笑)。今はもっぱらカラオケで唄う専門になっちゃいましたが。


簡単に云うと音楽版の「チェーンメール」、もっと云っちゃえばその仕組みは「不幸の手紙」そのものなのですが(苦笑)、廻ってきたのが嬉しい気持ちも少なからずあったりしちゃったりなんかしたりして(C)広川太一郎。音楽好きだったら、自分のお気に入りの曲を知って欲しい! って欲望は誰しも持っていると思うので。
モチロン「強制」とか「止めたら不幸が訪れます」という文言は無かったので、止めるのも自由(と判断しましたよ~)。

ただ、わたし的には「バトン、って云うからには1人から1本とちゃうん!? なんで5倍にせにゃアカンのぉ?(この方式でやっていったら、地球の人口超えちゃうよ~!≒ネズミ講)」の気持ちが強かったので、参加しているmixiというSNSで「どなたか、繋いで頂けませんか?」と賛同して頂ける方を募り、お返事下さった方だけにお願いすることに致しました~♪ 孝さま、ずるずるさま、テリー植田さま、ありがとうございました! あと2名、もしご希望の方いらっしゃいましたら、コメント欄にてお知らせ下さいませね♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

結婚式にて

siromuku

友人の結婚式に出席しました。

花嫁の白無垢(しろむく)は、ヤワラちゃんが着たものと同じという、ウン百万円もする豪奢(ごうしゃ)なもの。

式場の庭園は自然の地形を生かした見事な造り。特に池は湖と見紛(みまが)う大きさで、川から滝壺からあるたいそう立派なものでした。

参列した人々はお祝いの言葉を叫びながら、服のまま次々に池へと飛び込んでいきます。
わたしは花嫁と一緒に池に飛び込むこととなりました。彼女と共に池の回りの回廊を全速力で走りながら、「着物が汚れてはいけない!」と、花嫁の打掛を脱がせ、帯を解(ほど)き、着物もどんどん脱がせて襦袢(じゅばん)姿にし、わたし自身も走りながら着ていた振り袖をどんどん脱いで肌襦袢(はだじゅばん)一枚になると、花嫁の手を取り「せぇの!」で池に飛び込んだのです!

水面へと浮き上がりながら顔に纏(まと)いつく木の葉を手で拭うのですが、光は見えているのになかなか水から顔を出せなくって苦しいぃぃぃ・・・


「プハッ!」という自らの大きな息継ぎと共に目が醒めました―。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

5/6爆ロックフェスティバルレポ♪

今更ですが(苦笑ぱぁとつー)、GW妹ちゃん連れて『爆ロックフェスティバル@池袋ロサ』行って来ていたのであった♪

『爆ロックフェスティバル!―池袋大炎上―』
5/6(金)@池袋LIVE INN ROSA
OPEN 17:00 START 17:30
入場券¥2500(1drink別) 飲み放題券¥5000(入場時1drink別)
ライブ:佐伯誠之助/中学生棺桶/おもしろ三国志/ブラジルUFO/水中、それは苦しい
ミニライブ:Y&M☆O(ex:明和電機)
コント・パフォーマンス:超新塾/長州小力(西口プロレス)/猫ひろし
映画:山田広野  司会:DJ急行/山田広野
ゲスト:LL. COOL. J太郎
DJ:大坪ケムタ(from*toy)
※「ユメイロメイロ」オリジナルフード出店!
※ハードコアチョコレートによるTシャツ販売あり!
※会場内にてセクシーコスプレイヤーがお酒を振るまいます!
■爆ロックWEB■

元気一杯のイベントでごじゃりましたがな~! 大満足♪ 仕掛け人、急行さまと初ミートでした。

suityutoshimai「水中、それは苦しい」の皆様とご一緒に。G&VoとDrとヴァイオリン! の3人編成という不思議なバンド。独特でオモシロかったです。めちゃめちゃフリースタイルでした(笑)。ライブ後ちょっとオハナシできたのですが、6/25の伊達男ナイトにご出演されるそうです。彼らをまた観られると思うとワクワク♪

nekostageネタの最後に猫ひろしさんが舞台から投げたパンツ(題して「猫の恩返しw」)、わたしは手を伸ばし、妹はよけ・・・(笑)、お姉ちゃん見事get!

seinosukestageそしてワタクシ的に、この日の白眉は佐伯誠之助さん
 

入場時に山田広野さんから「佐伯誠之助さんご存知ですか? 今日は彼に注目ですよ~!」という情報を頂き、ワクワクしていたところ・・・スバラシカッタ! 自作の楽器(アコギにサンプラーやパッドを嵌めこんだもの)を操りながら喋る言葉は、下・下・下のオンパレード! あ、「した・シタ・下」ぢゃなくて「シモ・シモ・シモ」ね~(笑)。わたしもタイガイ舞台で「ち○こまん○」云う方ですが、彼には敵いません~! 一生分の「まん○」・・・じゃなかった「おめ○」(佐伯さんは関西の方)を聞かせて頂きました! それもメッチャ「ええ声」で!(爆) ヤバッ! ウーハー効き過ぎィ~! また次東京でライブがある時には絶対行く! 行っちゃるぅ~♪

odorukorikiodorukoriki2

そして踊る長州小力さん! 妹ちゃん興奮♪ 「愚痴っぽいトーク」と「ご存知! 笑顔満面・小力パラパラ」のギャップに爆笑でした! もぅね、我慢出来なくて帰りに妹と近所のカラオケ屋で「ナイト・オブ・ファイヤー」唄ってしまいました~!(笑)

shizukonekosisyou

shizukohirono終演後、猫さん、広野さん、誠之助さん、小力さんと一緒に写真を撮って頂きました。らっき♪

shizukoseinosuke

shizukorimakie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/23伊達男ナイトDXレポ♪

今更ですが(苦笑)、4/23に出演した『伊達男ナイトDX PART2』のレポでございます♪ おかげさまで大勢のお客様にお集まり頂くことが出来ました。

herumetikamui

写真は剣伎衆かむゐさん。かむゐさんとは、日芸の先輩・後輩の間柄なのです♪ リハの最中朗読しているわたしの耳に「アノ人・・・先輩じゃないか?」という彼らのヒソヒソ話が聞こえてきて、オカシクてたまりませんでした~!(わたしは元々日芸の方達だと知っていたのですw)

猫ひろしさんのステージでは、お客様が携帯片手に(撮影する為)ステージに向って猛突進!「人気者はスゴイ!」と、改めて感じ入った次第です。 

nekosanstage

個人的には猫さんの「生クリーム・・・」のネタを“生”で観る事が出来て大・感・激♪(何度目かのアンコールで披露されたのです!)

nekosantoherumetika

伊達男初参戦のわたくし、またもやめちゃめちゃ緊張しており、自分のひとつ前のオッチーさんのDJプレイが、いつ終るかいつ終るかとソワソワ(オッチーさん、ゴメンナサイ! 自分が終っててオッチーさんなら爆踊り! なのですが・・・)。何度か司会の山田広野さんのところに「まだでしょうか・・・?」と、ガチガチの顔で尋ねに行ってしまったりもしたり。

yasuko423aそのくせ、伴奏で入ってくれた新宿フォークのキーボード・大久保敬くんに「冬ソナのテーマを唄う、ったら唄う!」とダダをこね(以前彼が別のイベントでヨン様に扮して、その曲を弾いていたのを知っていたので)、唄いながら登場してみちゃったりしたりして~(いえね、誰にも頼まれてないんですよ、「唄って!」とは。例によってw)。

keisamato

という訳で、当日のセットリスト。

オープニング
「最初からいままで」歌:川上史津子
「恋豚」より
BLUE
Mouth to ×××
「えろきゅん」より
黒いワンピース

「Mouth to ×××」を読む前のMCで、お客様に「隣りの方と手を繋ぎ、目を瞑って聴いてみて下さい」と実験的なお願いを。皆様素直に従って下さる(え? ムリヤリ繋がせてなかったっけ・・・?←天の声)。
後から知ってる子が「アレ、ドキドキしちゃいました♪」と報告して下さいましたが、そう云えば自分、読み終って、手を繋いで貰ったことにマッタク触れずに進行しちゃっておりました。イヤイヤやっぱりアガッてたのね~(苦笑)。
拙著や句集をお買い上げ下さった皆様、ありがとうございました~♪

terrysantobetu

オーガナイザーのテリー植田さんからも「今日は最高のキャスティングだった!」のお言葉を頂けて嬉しい限り。

sebasanto1

そう! 大好きなバンド・BOOZEのリーダー、sebastian氏が事務所の方と一緒に遊びにいらして下さいました~! 

また、ライターの下関マグロさんが連載していらっしゃる「All About」のページでレポして下さいました。マグロさん、いつもありがとうございます~!
18禁ページの中にありますので、小さい子は見ちゃダメです(伊達の記事自体は全く18禁の内容ではございません。健全でっす!)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あの「ディ~プキス」の・・・

彼と再会♪@麻布十番縁縁
enenwanwan


| | コメント (1) | トラックバック (0)

うしづこ

ushizuko

2005/4/11@目黒川お花見♪

中目黒・上目六さくらショッピングセンターにて
牛&しづこ(とても他人とは思えません・・・w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アタシが神様だったなら

8337kissingangels

東横線に乗り、腰掛けたらナナメ前の席にイタリア人と思(おぼ)しき女性が、膝に女の赤ちゃんを前向きに座らせていました。
濃い茶色の巻き毛にピンク色のベビー服がとても似合って、めちゃめちゃ可愛いくって(ホントに天使みたい!)。
赤ちゃんに微笑み掛けると赤ちゃんが笑い、気付いたお母さんもこちらへニッコリ♪

わたしの真正面には、柔道部員かと思われるようなガッチリした男子高校生が二人座っていて。
赤ちゃんをあやすわたしと、笑う赤ちゃんを交互に見比べながら「可愛いなぁ~可愛いなぁ~♪」を連発していて、降りぎわに片方の男の子、

「俺、保育士になりてぇなあ~!」

アタシが神様だったら、キミの夢“い”の一番に叶えたげるぅっ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JODY WATLEY@Motion Blue YOKOHAMA!

大好きな「モーションブルーヨコハマ」ジョディ・ワトリーのライブを観てきました!
高校生の頃、TVKで夢中になって観ていた洋楽のMTVでガンガンにかかりまくっていたスーパースターを手の届くような距離で観ることが出来て大感激♪ やっぱりこのハコ、素敵です。

ステージのジョディ・ワトリーも素敵だった~♪ プロフではわたしの丁度一回り上ですから、46歳! これがめちゃめちゃカッコ良かった!!! とてもそんな年齢には見えませんでした。
ダンスも歌も楽しげに軽々と、でも迫力があって、以前のPVから受けていた印象とは全く違っておりました。総じて『大人の恋の歌~』ってカンジでしたわん♪
最初の曲から観客への呼び掛けや握手をバシバシ。衣装チェンジも1時間半弱のステージで、しっかり3回してくれて、後半では満席のモーションブルーが総立ちに(平均年齢30代後半と見たw)! アンコールではジョディがお客さんをステージに上げる上げる!
「世界のスーパースター」は気取らず飾らず、オープンマインドの、めっちゃ素敵なおねえさまでした~♪

嗚呼! あたしも歌手になりたくなった・・・(←「寝言は寝てから云うこと!」by自分)。

で、来月なのですが、わたしの友人のソウルシンガー、JAYさんが19・20の2日間モーションブルーに出演されます! まだHPのスケジュールにはupされていませんが、帰りに貰ったチラシに発表されていました。

JAYさんについては昨年12月の日記をご参照下さい。
「A Touch of Music!」という、入場無料の2DAYSだそうで、JAYさんの歌声を生で体感するまたとないチャンス! 絶対、絶対、ゼッタイの自信を持ってお薦め致します~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「伊達in大阪」詳細出ました~♪

お待たせしました!「伊達男ナイトin大阪」の詳細が出ました~! 大阪にお友達やご親戚がいらっしゃる方にヘヴィリコメンドのお願いを申し上げます~!!! 決して御損はさせません!
関西圏のお友達~! 心斎橋B-TRIPで、伊達男’s&し~ちゃんと握手ぅっ♪


7/15(金)
伊達男ナイト ~伊達男オールナイターズ心斎橋へ行く~

10周年を迎えるサブカルの殿堂ロフトプラスワンで毎月開催されている大人気イベント伊達男ナイトが遂に大阪発上陸!! 味園ビルで一杯ひっかけてから来るのが伊達流。

【司会と活弁】
 山田広野(活弁映画監督)
【エロ短歌朗読ショー】
 川上史津子(日本で唯一のエロ短歌女優)
【歌舞伎町のジュリーショー】
 沢田王子(ゴールデン街・オレンジ王子)
【超絶歌謡MC&DJ】
 オッチー(バロムワン)
【笑撃のステージ】
 元気安(ワハハ本舗)
【歌謡DJ】
 プロフェッサーグリル(BARブラックパンサー@味園ビル)
【企画、構成、DJ】
 テリー植田

24:00 open/start 2000円1ドリンクつき
心斎橋B-TRIP 06-6213-4480
伊達男ナイトweb

※御堂筋線心斎橋駅6番出口から大丸を背に東へ450m進み、堺筋へ。渡らず右折(南下)し郵便局、八幡筋バス停を越え堺筋周防町交差点から更に50m直進した右手B1が「B-Trip」です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

僕は泣いちっち

「エンジン(主演・木村拓哉)」を欠かさず観ているワケです。実際には“メチャメチャ子供好き”そうな木村氏が、子供をゾンザイに扱わねばならないキャラクターを演じていて、かなーり大変そうですが。

昨日の放送では、施設の閉園に伴いホームの子供達を、それぞれ新しい施設に送り届る場面があったのですが、イヤー泣いた! もぅね、洟(ハナ)ズルズルでしたがな! またエアロスミスの「Angel」がハマるわけですよ。スティーブン・タイラーのね、ハイトーンヴォーカルが・・・。

年々この手のオハナシに弱くなりつつあります(←自覚アリ)。子供、別れ、それから戦争なんてシチュエーションだった日にゃあ、アアタ!

史津子泣かすにゃ刃物は要らぬ『火垂るの墓』さえ見せりゃよい

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ぷんすか!~わたしの中のもう一人の私~

さて、「温厚篤実(オンコウトクジツ)、さわやかで人当たりのイイお姉さん♪」と巷(ちまた)の誉れ高いわたくしですが(↑ハイここ、みなさん笑うトコ~♪)。

日曜日に妹ちゃんと二人で横浜のルミネに行ったさ。そんで「g」という、まぁ、わたしみたいな貧乏人は、ガンバッテもせいぜいがトコ年に1~2着買えるかどうかみたいなイイお値段のお洋服が売っているお店なんですが、そこでウィンドウショッピングをしていたと思いねぇ。

お店の一番目立つところにとても素敵な、それこそステージ衣装にしたくなるような、ちょっとくすんだサーモンピンクのシルク&ビーズの手刺繍の入った・・・そう! まるで映画「シカゴ」の衣装みたいなワンピースがあったのね。それで声を掛けてきた若い女店員さんとオハナシしながらそれを見せて貰って、ホンット、頑張ればナントカ手が届かなくも・・・状態だったのですよ、そのワンピに。予想していた半額程の値段だった事もあって。

でもねぇー、その店員さん明らかにこちらを「値踏み」しているわけですよ! 着ている物や、持ち物、靴などから
「どうせ買えっこナイデショ!?」ビィムがね、ええ、出まくりなわけですよ。


あ、ここだけのハナシですが、服を選ぶ時、わたくし敢(あ)えてスッピン&メガネで行ったりするのです。 

【理由その1】
その状態でも似合う服=本当に似合う! と判断する為。

【理由その2】
店員さんの態度を見るため(後日キッチリ化粧して行くと、全く態度が違う&同じ人間だと気付かない!←我ながらイイ性格しとるw)。 


まぁ彼女らもお仕事だから仕方ありませんが、露骨に客差別をするマヌカンさんって決して少なくないのです。
試着して全然似合っていない服を「わぁ~! お似合いですぅ♪」なんてぇのは全然いい方。だって“ヤル気”が伝わってきますもの(もっと上手い人になると、ハッキリ「お客様にはコチラよりコチラがお似合いですよ!」と、キチンと代替案を出してくる!)。
そう、昨日のお姉さん(つってもアタシより確実に5つ、イヤ下手すりゃ10は若いかも!?)みたいに、顔や言動に表れちゃう人の多い事と云ったら! 

んでもって、さっきの続き。
話しながら他の商品も物色していたら、その店員さん、云うに事欠いて、
「フォーマルのご予定がおありじゃないんですよねぇ?」と!

(・・・そんなに商品に触られたくないんかいっ!! )

と、ブチギレたいのをグッ、と堪(コラ)えて、
「ステージ衣装にと思って・・・」
「はぁ~・・・お歌とかですかぁ?」
「いえ、朗読なんですが」
「えー? 朗読でこんな衣装着るんですかぁ?」
(あっきらかに「このオバハン、ステージなんてナニ云ってんの?」という表情。まあ実際そう云われても仕方のない見た目だったけれども・・・苦笑)

怒っても仕方がないので、同じ商品を探しに渋谷か原宿店に行こうと思ってます。こういう店員さんのいる店舗ではぜえーったいに、虫ピン一本だって買ってなんかやらんもんねぇ~だ!!!(アッカンベェー!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゆらゆら

一晩に四度も揺すり上げられて
         死ぬ思ひする引き潮の月    史津子

ひとばんによたびもゆすりあげられて
         しぬおもいするひきしおのつき  しづこ

| | コメント (3) | トラックバック (1)

「立っ(てる)んだ、ジョー!」

jyo ottosei_yokoyama

上越の水族館ではゴマフアザラシの「ジョー君」が、齢(よわい)90にして勃(た)つ!(←字が違う、字がw)

これがアザラシぢゃなくてオットセイだったらアアタ、まさしく
追悼・横山まさみち先生・・・(合掌)。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

「シアターガイド」で新連載

shizuko演劇情報誌「シアターガイド」(通称「シアガ」・・・って云うよね? 演劇人だけかな?)、6/2発売の7月号より連載スタートしました。「わたしの今月」という観劇予定&プチ日記のコーナー。毎月2日発売。 

@ぴあ『詠う♪恋愛相談室』の連載終了と入れ替わるようにオハナシを頂きました。ウ~ン、マンダム(←意味不明w)。

オススメのお芝居ありましたら、お教えくださ~い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母子草~ハハコグサ~

片付け物の最中、わたしか妹の使っていたと思われる「たて笛」を見つけた母。
ピィピィ、と鳴らし、なにを云うかと思えば・・・

「りこーだー、馬鹿だ、利口だー」

嗚呼、かあさん! わたしは疑いようもなくあなたの娘です・・・org

| | コメント (0) | トラックバック (0)

推奨イベント♪

kintaii明日のオススメイベントのご案内です!
一昨年、渋谷ルデコのハロウィンパーティで、わたしの『恋する肉体』『えろきゅん』朗読に生ピアノを即興でつけて下さった音楽家で映像作家の金大偉さんが汐留で空間イベントをなさいます。わたしも観に行く予定です~♪


音像Garden Presents Sound&art
ここはすべての人に開かれた庭園

ー汐留に、音楽と映像による夢幻庭園が出現しますー

映像作家・音楽家の金大偉による、幻想的な映像を、大型プロジェクターを多数使用し、ステージバックやビルの壁面に写しだします。視覚として鮮烈な美しさを持つ「花」、そして宇宙の源である光」をテーマに新映像空間を構築します。そのアジアン,アンビエントな音楽に、歌手のおおたか静流のボイスパフォーマンスや、中国揚琴トップ奏者であるウェイウェイなどのゲストが絶妙にコラボレーションを展開します。また、宇宙的広がりのあるKENYUサウンドとともに、空間に美しい音像の花を咲かせます。


日時/2005,6月2日(木)18:30~20:30※雨天の場合、翌日開催
場所/汐留シティセンター ライトタワープラザ
料金/無料

映像:金 大偉 
音楽:金 大偉(スペシャルゲスト/おおたか静流( vo)、ウェイウェイ (揚琴)、能登康雄(Ba)、HAGI (プログラミング )、暁天 (ディジュリドュ)、加藤健二朗(バグパイプ)
音楽:ケンユー/KENYU シンセサイザー
パーソナリティー:Morphie
帽子deアート/ダンスdeアート

【主催】音像Garden(NPO)
【協力】三井不動産(株)、汐留シティセンター
【協賛】エプソン販売(株)、Universe state of Omega
【企画制作】音像Garden(NPO)実行委員会
【企画協力】Saty Design Works
【映像制作】TAII Project
【映像協力】マナティー
【技術協力】T_WAVE
【音響】 Sui Creation
【機材協力】 obaiwa design ほか

 自然の万物は生の原点であり、宇宙と連結する根源でもある。私たちは自然の形象の力から自己存在の確認が可能である。過去、現在、未来における永遠の循環が存在するならば、自然の原点は私たちの心を支える精神の原動力であるといえよう。
 今回の空間イベントは、視覚として鮮烈的な「美しさ」を持つ「花」、そして「生きる原点の力」としての光の様々の形や自然の色彩をテーマに、映像と音楽などを使用して、季節にある空気感やいきいきとした躍動感を表現する試みである。また皆さんと共に、幻想的なイメージから平和の光をもとめ、喜びと美と自然の調和性を立体的に構築したい。       
by: 金 大偉       
          

汐留シティセンター ライトタワープラザ
■都営大江戸線「汐留駅」徒歩1分
■新交通ゆりかもめ「新橋駅」徒歩1分
■都営浅草線「新橋駅」(A2出口)徒歩2分
■JR線「新橋駅(汐留口出口)徒歩3分
■営団銀座線「新橋駅」(2番出口)徒歩3分

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »