« 天下の朝日新聞に | トップページ | 謎のトラックバック »

初ワンマンの一日♪

(会場にお運び頂いた方も、応援の声を寄せて下さっていた方も、イベントレポを当日の緊張っぷりと共にお楽しみ下さいw)

5月8日 13:56(mixi日記より)
「初ワンマン♪」
水戸のジャズバー「Girltalk」に向かっております! 
只今京浜東北線で上野駅へ北上中~。
初の地方遠征! 且つ“初ワンマンショー”でもあることに、いま気付きました~o(^-^)o きゃあきゃあ♪

本日は2ステージということもあり、拙作の他に、夢野久作・作(さくさくw)「瓶詰の地獄」も御披露しようとタクラマカン砂漠~♪ 初挑戦致します!(ぢつは今テンションあげようと必死)。

bindumejigoku

やったるで~(^Q^)/^

15:47
水戸駅着。本日のコーディネーター・タケシタさん&ギターを演奏してくださるサトウさんが迎えに来て下さり、サトウさんの運転でお店に。駅から車でスグでした。
オーナーのササノマさんが迎えて下さいました。
「東京から来られた方は、『水戸は寒い』って仰いますよ。2、3度低いかもしれませんねぇ」とササノマさん。暖房を入れて頂いて、セッティングとリハーサル。緊張のせい? か、軽い偏頭痛。お水を頂戴して頭痛薬をゴクリ。

ギター演奏と合わせながら、予定していたプログラムの順番を入れ替えたりしたり。サトウさんには注文多く、ご迷惑をお掛けしました・・・。
トイレで衣装にチェンジ。着替えが済んでも落ち着かないことこの上なく、マルメンをバカスカ。灰皿がすぐイッパイに。

honbanmae

girltalkegawo

開場時間より少し早くお客様がおみえになり、芸者・しづ奴(笑)は全てのお席へご挨拶に~。本日のお客様は主にタケシタさんにお呼び頂きました。大感謝! タケシタさんの中学時代の英語の先生もいらして下さいました。もう70を越していらっしゃるとのことで、内容的に顰蹙(ひんしゅく)をカワナイカシラン? と思いつつのトーク&朗読でしたが、結果、先生から一番強力に誉めて頂く事ができました♪

honban

21:57(mixi日記より)
「無事終了~o(^-^)o」
みんな! 俺ヤッタよ! 応援ありがとうございました~♪

mito

最終のフレッシュひたちで横浜に帰りまする~(^Q^)/^

5月9日 1:52(mixi日記より)
「ただぁいまっとぅ!」
ただいま水戸「Girltalk」から帰りました~! おかげさまで好評を得ることが出来ました! 24名のお客様にお集まり頂き、4冊ずつ持参した『恋する肉体』&『えろきゅん』は完売! ちょっぴり足りなかったほどでした。

初ワンマン&初地方遠征でしたが成功裡に終えられて、ホッと致しております!

2ステージ分のお時間を用意して頂いたので、夢野久作の「瓶詰の地獄」にも挑戦致しました! 
「20分を超える朗読です」と前もって宣言したところ、
「ええ~!」というプチ・ブーイングが(苦笑)。
「『ええ~』って!(爆)」とツッコミつつ「ああ~退屈しちゃうかな? 皆様・・・」と不安がよぎりました。

んが、蓋を開けてみれば予想外の集中をもって最後までお聴き頂くことが出来、自分でもビックリ! そして大感謝でございました~! もちろん「瓶詰の地獄」という作品自体の持つ魅力に助けられたことは云うまでもありません。

また初めてアンコールを頂き、感激・・・♪ 調子に乗って唄っちゃいました!(だぁれも「歌って!」なんて云うてないのにねぇ~w)やっちゃいました! やり切っちゃいました!
応援して頂いた皆様、ありがとうございました!

<セットリスト>
ステージ1
『えろきゅん』より
「法典(ルール)」
「オオカミなんか怖くない」
『恋をしたかったらつまらないプライドなんて豚に喰わせちゃいなさい』より
「BLUE」
「Mouth to ×××」

ステージ2
「瓶詰の地獄」作:夢野久作
『えろきゅん』より
「黒いワンピース」

アンコール
「すべてをあなたに」ホイットニー・ヒューストン

|

« 天下の朝日新聞に | トップページ | 謎のトラックバック »

コメント

お疲れ様でした!
ステキなプログラムぢゃないですか。
夢野久作、私も大好きです。
大阪でもぜひぜひ~!

投稿: まさみち | 2005/05/11 11:53

夢野久作、私も大好きです~w
あの独特のドロドロした雰囲気が、何とも言えないんですよね~w

長野でも是非!w

投稿: シム | 2005/05/11 22:38

どうも!
大盛況でしたね、ありがとうございました。
私メも大満足のお腹いっぱい状態でしたよ・・・
でも、もっと食べたいィ~

ギターの佐藤君、
どうやら
エロ・ギター演奏に開眼したそうですよ(笑)

まっ、機会がありましたら
深プラで
呑みましょうね。
では!

投稿: タケシタ | 2005/05/11 22:39

 川上さん、皆さんこんにちわ。
ちょっと遅くなりましたが・・・

 タケシタさん、佐藤さんご苦労様でした。
“エロ短歌”地方のコンサバにゃ~理解でき
ないと想っておりました。最初はブラック
ジョークかなぁ くらいに捉えていました。

 でも、心地よい響き、のっけからローター
でシャットダウンのトーク。中年のご夫婦が
どういう顔をしているのかニヤニヤしながら
眺めつつ・・・

 次の日 本を眺めつつ こりゃぁ~
“エロ短歌”はジョークじゃなくって 芸術・
文化の域に達してんじゃねぇかと、しみじみ
感じ入りました。

 川上さん これからも エロって くださいね。

投稿: 奇人の伝 | 2005/05/12 17:56

>まさみちさま
いつも暖かなお言葉! ありがとうございます~♪
夢野久作、あのカンジはちょっと真似できない・・・
そこが好きィ~
大阪、是非実現させたいと思ってます!

>シムさま
おお! こちらにも夢野フリークがっ!w
わたしが月蝕歌劇団に初客演・初振付した作品が
「ドグラ・マグラ」で、その再演はロシア公演だったのです~
初めて尽くしで想い出深いのであります♪

長野公演、シムさま興業主になってくださいませんか~?

>タケシタさま
興業主デビュー、おめでとうございました♪
大勢さまを集客して頂けて感謝、感謝です
緊張しつつも楽しく過ごさせて頂きました!
本当にありがとうございました
ゆっくりお礼を申し上げる時間も無くて失礼致しました
新宿にいらっしゃる際は是非ゼヒ!

>奇人の伝さま
お運び、また拙著お買い上げ頂きありがとうございました!
これで正月の餅が、いえ晴れ着が買えます~!(感涙)
「エロ短歌朗読」と銘打ちつつ、小説部分が殆どでしたので
どうぞJAROには通報しないで下さいませねw

さ、冗談はこのくらいにして、っと(にゃはは~)

本当にお楽しみ頂けたようでありがたいです!
こちらも色々な挑戦にお付き合い頂き
とても良い勉強になりました~
あのご夫婦は 息子さんがわたしの日芸・演劇科の
直の後輩にあたるそうで こんな奇妙なことをしている
先輩を見て さぞガッカリしていることと思われ・・・(苦笑)

ともあれ、今後ともがっつんがっつん「えろって」参ります!
どうぞご期待下さいませ~♪

投稿: し~ちゃん | 2005/05/13 05:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54437/4077129

この記事へのトラックバック一覧です: 初ワンマンの一日♪:

» 歌物語 うつしみ二十七 [いろは 伊呂波 IROHA]
いぬつれ 犬連れの人妻と逢ふ理無さよ  女さけすみ經し身にも似す かくうろたへ迷ひ決めかねて保養地の空色仰く 絶えぬ空越えゆゆしめる面醉はせ  はて寝む聲や降り居分け居 契る帆折れむ いぬつれのひとつまとあふわりなさよをんなさけすみへしみにもにすかくうろたへまよひきめかねてほやうちのそらいろあふくたえぬそらこえゆゆしめるおもゑはせはてねむこゑやおりゐわけゐんちきるほをれむ  * チェーホフの「犬を連れた奥さん」などふと思ひ出して歌物語にして見ましたが原作今一度読み直せば違ふ趣の... [続きを読む]

受信: 2005/05/13 16:07

« 天下の朝日新聞に | トップページ | 謎のトラックバック »