« ザッツゴージャス! | トップページ | べっくしょおい! »

森口裕二さんとコラボ

友人に森口裕二さんというイラストレーターがいます。
ある日、森口さんから
「しーちゃん、オレの個展のDMに短歌つけてくれやぁ!」と、お願いされたのが下の絵。わたしはもう二つ返事で、「よっしゃ! まかしとき!」と、ツラレテ関西弁で引き受けました(森口氏は徳島出身で、わたしと同い年)。

平成15年個展@京都アスタルテ書房・DM

その日の帰路の電車の中で、この絵を見ながら瞬く間に5首詠み上げてしまいました! 
なんというか、こう、森口さんの絵にはソソられる、と云うか、スケベ心を掻き乱される、みたいなところがあるのです。見てるとなんだか冗談じゃなくムラムラしてくる(笑)。思わず、“エロ短歌を詠まずにはいられない”刺激的でエロティックで、でもどこか繊細でわたしの大事な部分に触れられてしまったような、そんな絵なのです。

この絵につけた歌は、

   行儀良く列になってね、順番よ。
         私の〝いぬ〟でありたいならば。

でした。ここに描かれている彼女の視線の先(=わたしたちの居る世界!?)に、「彼女の犬になりたい! 彼女のスカートに潜りこみたくて堪らない!」というオスどもがひしめきあっているよう、わたしには感じられたのです。それが一昨年のハナシ。

moriguchi先週、同じく友人の石丸運人さんの個展で久し振りにお会いした時にも、「またコラボりましょうよ!」と、森口さんにお願いしておきました。 

|

« ザッツゴージャス! | トップページ | べっくしょおい! »

コメント

こんばんわ、し~ちゃん。ともです。
また君のこと覗きにきたよ。

うた(短歌)、うまいねー!
ほーんと、この絵にぴったんこ!感じつかんでいる。
てー言うか、
このうたのために、イラスト書かれたみたいですね・・・(笑)アハ

そう、し~ちゃん。
俺も君にあやかって、うたを詠むまでとはいかないが、
ここで少し言葉の勉強?でもしようかな。
ねー、し~ちゃん。
最近?よく出てくる「萌える」って字、あるでしょ。
俺には、あまりイヤらしく聞こえない・・・
エロさを感じない・・・
「悶える」だったらわかるんだけどねー。
「モダエル」の短縮形?「モエル」・・・
だったらこっち、
「燃える」のほうが何か感じ出てそう。
し~ちゃん。君はどんなイメージをお持ちですか?


じゃまたね、お元気で。

投稿: とも | 2005/02/25 04:54

>ともさま
どもです~! いつもありがとうございます

>このうたのために、イラスト書かれたみたいですね・・・(笑)

逆や、っちゅうねんw
「イラストに短歌を詠まされた」というのが正しいですね 
とにかく想像(創造?)力を掻き立てられるスゴイ絵なのです

「萌える」は「燃える」の誤変換という説をわたしも
取りたいと思いますので それを踏まえればモチロンのこと
「萌える」を本来の「芽が出る」「きざす」「芽ぐむ」と取っても
十二分にセンシュアルであると感じる次第です
誤変換もバカにしたもんじゃありませんw

投稿: し~ちゃん | 2005/03/02 12:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森口裕二さんとコラボ:

» 川上史津子氏に捧げる都々逸 [シムのドドイツ]

歌人であり、舞台女優であり、歌手でもある[続きを読む]

受信: 2005/02/23 18:28

« ザッツゴージャス! | トップページ | べっくしょおい! »