« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

レトロエロ朗読本番♪

はい! そして迎えたレトロエロ朗読ライブ「大正昭和平成艶情話傑作選」本番です~!
先ずは楽屋で本日ご一緒させて頂く皆様と記念撮影♪

唐沢俊一さんと
本日の席亭(=オーガナイザー)ご存知! 唐沢俊一さん

関口誠人さんと
C-C-B再結成に向け、今が旬(ご自身談w)関口誠人さん

二村ヒトシさんと
元・劇団「パノラマ歓喜団」主宰。AV監督・二村ヒトシさん

偶然、ロフト昼の部のイベントに出演されていたロマンポルシェ。の掟ポルシェさんと書評家の吉田豪さんが楽屋にいらして、初対面でありながら図々しくお願いして、ハイ・チーズ♪(←激しくミーハー)

掟ポルシェさんと

吉田豪さんと

勢揃い下手から、関口さん、二村さん、唐沢さん、わたくし。そういえば唐沢さんとご一緒させて頂く時は、もれなく一番上手が川上の定位置になってます。

2ショット♪ハローページwこの記事内の撮影、ポップアップから上は(写メも)カメラマンの石井飛鳥くん

あ、そうだ。楽屋で掟ポルシェさんに「初めまして! エロ短歌の川上史津子と申します~」とご挨拶。「どうもどうも」とポルシェさん。次に「撮影の石井くんです」と紹介したところ、ポルシェさん、彼を見て思わず「可愛いですね!」と。
ち ょ っ と 待 て
本日唯一の女子であるわたしの立場って、一体・・・(泣)。

軽ぅくヘコみつつも時間が来れば幕は開きます。

唐沢さんのリードで「朗読」という芸について考察しながら、軽いトーク。全く文章として意味の無いもの、例えば電話帳を様々な読み方でアレンジするとどうなるか? 唐沢さんが宝塚風や歌舞伎風で実演。わたしも負けじと、歌舞伎の子役風に声を張り上げてみたり(笑)。その間に本日の出演者の自己紹介的な演し物を織り交ぜて。

唐沢さんは定番というエヴァのオタクコスプレ官能小説。
二村さんの『くノ一忍法帖』朗読は、奇妙・珍妙な性技の連発に大爆笑! 内容は・・・とてもここでは書けませ~ん!
わたしは拙著『えろきゅん』より、レトロな匂いのする作品として「不如意(しらんぷり)」を。
関口さんは第一部では主に聞き役に回って下さいました。

「えろきゅん」朗読中

二部ではそれぞれのメインの演目を。わたしは用意していった『阿部定・坂口安吾対談』を、唐沢さんに坂口安吾役、わたしが阿部定役で朗読致しました。
阿部定さんは昭和11年、情交の果てに愛する男性を絞殺し、その局部を牛刀で切って持って逃げたと云う女性で、今年が丁度生誕100年にあたります。わたしは一昨年「小説現代」へ寄せたエッセイで阿部定さんをテーマにさせて頂き(この文章は携帯の新連載で配信することになっております)、また学生時代に女優の白石加代子さんの演じた朗読劇『阿部定事件予審調書』を、神保町の岩波ホールの最前列で観て感銘を受けておりましたので、今回の朗読イベントでどうしても演じてみたかったのです。

『お定色ざんげ』を手にする唐沢さん

唐沢さんが手にしているのは『お定色ざんげ』という、暴露本。刑を終え、普通の主婦として更生していたお定さんを暴き立てるような内容にお定さんは怒り狂ったと云うその現物を、唐沢さんが持って来て下さいました。

唐沢さんが、「『安吾は文学者として阿部定を説諭すべく、意気揚揚と乗り込んだが、逆に定の強烈な個性にタジタジとして帰る』サマが描かれています」と、前フリをして下さったお蔭で、お客様にもこの「対談を朗読する」という試みを楽しんで頂けたようでホッと致しました~。ロフトブログにもレポして頂きました(TOPページ右上「写真式プラスワン・ライブレポート」へ)。

阿部定と安吾

その後、関口さんがギターの弾き語りでご自身の半生を歌&ラップ仕立てでご披露され(言葉が歌と変容する瞬間を感じました)、唐沢さんは講談調で楊貴妃が玄宗皇帝と初めてまぐわう場面を(低音のイイ声にウットリ・・・)。
最後に二村さんとわたしで官能小説を朗読。主人公の名前を『唐沢俊一くん』にして演じて参りました(笑)。

また機会がありましたら、趣向を凝らして参加させて頂きたいと思っております~♪

打ち上げは「青葉」の台湾料理。
はい、ここでまたまたプチクイズで~す!
↓これな~んだ? 味は鶏肉に酷似。簡単ですね~。
回答は例によってコメント欄にお願い致します!

ケロッw

今回このお店のアヒルをお気に入りに追加! 鴨やアヒルのように野趣溢れる味わいの身の締まったお肉をいつまでもいつまでもいつまでも噛んでいたい・・・。

フォトギャラリーにユモさん撮影の写真もup致しました。ご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

朗読イベント打ち合わせ

新宿ロフトプラスワンでのレトロエロ朗読ライブ「大正昭和平成艶情話傑作選」を翌日に控え、オーガナイザーの唐沢俊一さん、共演の二村ヒトシさんと新宿にて打ち合わせをして参りました。

新宿の紀伊國屋書店対面(といめん)のカラオケボックスにて、明日の演(だ)し物をそれぞれが提出。
二村さんは「山田風太郎の『くノ一忍法帖』をやりたいっ!」と熱く語り、わたしはわたしで「前から唐沢さんとコレをやりたかったんです!」と、ちくま文庫『阿部定伝説』より「阿部定・坂口安吾対談」を、全文ワードで打ち直して(オレ頑張ったよ!)持参致しました。
早速その場で読み合わせをし、唐沢さんより朗読実演に向けてのアドバイスを頂きました。

それから3人で風林会館近くの『上海小吃』へ。

しゃんはいしゃおつー

こちらへは何度か寄せて頂いた事があります。中島らもさんと一度だけお酒をご一緒したのもこのお店でした。

いらさいアルよ~♪

『蛤炒め』のとんがらしがピリッと効いたお汁(ツユ)に、ほんのり甘い揚げパンを浸(つ)けて食べると、モウ・・・。
騙されたと思ってやってみて!
あと写真は無いのですが、『香肉鍋』。←これな~んだ? わたしも唐沢さんの著書で知ってはおりましたが実際に口にしたのは初めてでした。食感は『砂肝』に似ていた(と思う)こちら、正解は・・・コメント欄にお書き下さい!(プチクイズ好きw)

Oh,No~!

でもってこちらは『猪脳煮込み』。これは云っちゃおう。
ハイ! 『豚の脳味噌』で~す! きゃあきゃあ♪(←意味不明)
お味は“もんのすご~く濃厚(味付けも、素材自体も)な白子”のようでございました。
中国の「医食同源」は、体の悪い部分と同じ動物の部位を摂ることで悪い所を直すという考え方。きっと明日の我々のステージは完璧に違いありません! ブウ。

明日もよろしくお願いしま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

面影ふたたび♪

面ラホ・メジャーデビューアルバム『代理母』より イラスト/ケン月影氏

先日初体験した『面影ラッキーホール』というバンド。
NHK-FM「ライブビート」の公開録音があるという情報を入手して、往復葉書で応募したら・・・当たりました! 
んで、行って参りました~(HPに次週のゲストでピックアップされてました! 要ちぇき!)。

コッレッガッとてもとてもとても良かったのですよ~! 
先日も感銘を受けた曲、『あんなに反対していたお義父さんにビールをつがれて』(←何度も云いますが、これ全てが曲のタイトル)。のサビ「おじいちゃんだよぉ お前のおじいちゃんだよぅ」でマジにウルウル来てしまいました~! 
もっそい(物凄い)エンターテイメントショー! スゴイバンドだ~♪

因みにO.A.は3/9とのこと。全部が電波にノルかは・・・? 歌詞がNHK的にはヤバイヤバイのオンパレードでしたので(爆)。

わたしの叫び声「アッキー、最高!」も録音されてるハズ。聴くべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

べっくしょおい!

(お洟、ぢ~ん! ぢ~ん! ・・・ふぁ~い)


・・・今日は(花粉)飛んだねぇ~!
(2005年、春一番が吹いた日に)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

森口裕二さんとコラボ

友人に森口裕二さんというイラストレーターがいます。
ある日、森口さんから
「しーちゃん、オレの個展のDMに短歌つけてくれやぁ!」と、お願いされたのが下の絵。わたしはもう二つ返事で、「よっしゃ! まかしとき!」と、ツラレテ関西弁で引き受けました(森口氏は徳島出身で、わたしと同い年)。

平成15年個展@京都アスタルテ書房・DM

その日の帰路の電車の中で、この絵を見ながら瞬く間に5首詠み上げてしまいました! 
なんというか、こう、森口さんの絵にはソソられる、と云うか、スケベ心を掻き乱される、みたいなところがあるのです。見てるとなんだか冗談じゃなくムラムラしてくる(笑)。思わず、“エロ短歌を詠まずにはいられない”刺激的でエロティックで、でもどこか繊細でわたしの大事な部分に触れられてしまったような、そんな絵なのです。

この絵につけた歌は、

   行儀良く列になってね、順番よ。
         私の〝いぬ〟でありたいならば。

でした。ここに描かれている彼女の視線の先(=わたしたちの居る世界!?)に、「彼女の犬になりたい! 彼女のスカートに潜りこみたくて堪らない!」というオスどもがひしめきあっているよう、わたしには感じられたのです。それが一昨年のハナシ。

moriguchi先週、同じく友人の石丸運人さんの個展で久し振りにお会いした時にも、「またコラボりましょうよ!」と、森口さんにお願いしておきました。 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ザッツゴージャス!

松蔭さんとビッグママ

「青い部屋」(←出没率高し)のイベント「ザッツゴージャス」へ。
現代美術家、松蔭浩之氏が、唄い、喋り、踊り、叫ぶ、もんのすごいショー。「大・松蔭浩之大会!」いやー、すごかった(笑)。

タマキン・ホルヘ来日公演w
↑これはフラメンコ・ダンサー「タマキン・ホルヘ」として踊り狂う松蔭さん。こっ、濃ゆい~!

松蔭さんMC

噂には聞いていたのですが、今回初体験したのが、活弁映画監督・山田広野さん! 自作の無声映画にその場で声をアテル演目なのですが・・・多くは語りません! 今スグ氏のHPへアクセスしてみて下さい! イイ声が聴けますから~! 

只今活弁中~!

「青い部屋」の下手の壁はガラス張りになっていて、その高めの位置に布を張って映写していたのですが、映像と同時に楽しそうに活弁をする監督の表情も見えたりして、すっかりファンになってしまいました♪

松蔭さんとしづこあらかた演し物も終わり、最後に飛び入りタイムが設けられておりましたので、「ハイ!」と手を挙げ、朗読させて頂きました(↑ホンット図々しい・・・)。
飛び入りしづこ

終演後、監督にお願いして、一緒に写真を撮って頂きました! らっき♪

山田広野監督と

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キス・キス・キッス♪

友人の美術家・石丸運人氏の個展の初日パーティで麻布十番のギャラリー東京映像へ。幻想的で個性的。個性的で幻想的。

二次会は失礼してギャラリーに程近い、ギャラリーカフェバー縁縁へ。前に伺ったのが、昼間にカラオケした日のランチタイムだったので数ヶ月振り。あ、フォトギャラリー一番上のハロウィンパーティの会場がこちらです。楽しいイベント盛り沢山の素敵な場所です。

オーナー陣にご挨拶を・・・、と思ったらどなたもいらっしゃらず、店員さんにお願いして折り返しご連絡を頂く事に。

すると、カフェオレを注文したわたしのところに“彼”がやってきました。

彼

特に動物が苦手というわけでもなく「いれば構う」くらいの人間なので、そばに来るに任せておりましたら、ソファとわたしの背中の間にスッポリ嵌まって寝はじめました。可愛いんだけど、く、くつろげない・・・(苦笑)。
なので、半ば強制的に膝の上に移動。暖も取れるし一石二鳥♪ ずーっとわたしの膝の上で、時々「フゴッ」とか云いながら(笑)寝てました。

上から見た図

フゴッ!

それが、急に起きあがったかと思うと、もっっそい(物凄い)勢いで顔面にむしゃぶりついてきました! 口をペロリ、なんてもんじゃない、わたしの唇をこじ開けてシャブシャブシャブシャブ・・・。

超ディ~プ♪

マンザラでもありませんが・・・

根負け

こんなに激しいのぉ、久し振りィ・・・って、馬鹿!(←やっぱりノリツッコミ下手)。
向いのテーブルで面接らしきことが行なわれていたのですが(後にスピリチュアルカウンセリングだったことが判明)、たっぷり一人分(30分強)の会話が終っても舐め続けられ、さしもの私も疲れてしまい(どけてもどけてもアタックされ、根負け。アタシ強引なのに弱いんですぅ・・・)、トイレに立つのをキッカケに“彼”にはお引取り願いました。

もっと舐めさせんかい!

その後、“彼”はわたしのテーブルに来ること無く、飼い主の女性に連れられて、わたしを一瞥(イチベツ)することも無く帰って行きました。


・・・って、アタシ、なんか物凄く重いこと(≒アタシのこれまでの恋愛パターン、みたいな)書いてないかぁっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あらあらウチの子ったら!―「ぱいろん」日記#3

ウチのぱいろん、久し振りに俳句を詠んだと思ったら、

ボ~ク、ほ~りえ~もん~w

「フジテレビ 拝啓すれば つまらない」

時事ネタかよっ(笑)!

と、思っていたら、2/14バレンタインデーの今日、彼の後ろに・・・あれあれ? チョコレート~?

ホンのおしるし♪

ああああもぉ、可愛い過ぎるぅ~♪ 

し~ちゃんからも、お・し・る・し♪

↑これはわたしから皆様へ・・・キャッ! ハズカシっ♪
あ、そんな、お礼なんてもうお気持ちだけで・・・そうですかぁ? それじゃ、遠慮無く・・・って、馬鹿!(←ノリツッコミ下手)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ひっよこっがねっ

おっ庭っでピョッコピョッコかっくれんぼっ♪

逃げも隠れもしませんが・・・

と、いうわけで「吉野堂・名菓ひよ子」。今、わたしこれ「東京名物」と書こうとして、ふと気になりググッてみたところ、なんと博多のお菓子らしいです! びっくりビックリ・・・。だって、東京は五反野のおじさんがいつもお土産に持って来てくれてたから、あたしゃテッキリ・・・(笑)。元々、福岡発祥だったのが東京オリンピックを機に東京でも発売され、以来東京土産として定着したそうです。イヤー、30過ぎても知らない事ってイッパイある! 調べてみるものです~。

敵に後ろは見せやせん・・・

んで、「名菓ひよこ、頭からいくか?尻からいくか?」(ハイ、完全に岩井俊二の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」風味ですが。因みに岩井作品で一番好きなのは「FRIED DRAGON FISH」VHS消さずに取ってアル!)
ダイブ横道に逸れた(笑)。頭からいくとカワイソウで・・・お尻からいくのもなんだかHぃ♪ 同じ悩みをお持ちの方がネット上にも、いーっぱいいらした! 中には水分無しにヒトクチでいくという剛の者も!

バッサリ殺(ヤ)っておくんなせえ!

わたしはサスガに喉に詰めそうなので一口はしませんが(笑)。
そこで、はい! 今イチオシのお茶が↓コチラ~!

めちゃウマ~♪

妹がお友達の結婚式のお祝い返しで頂いたそうなのですが、メチャメチャ美味しい! 漢字がちょっと表記できないのですが、アルファベットで「JIN YUN XIANG TEA」と書いてあります。
わたしはあまり舌が肥えていないのでアレなんですが、このお茶は飲んだ後、喉から鼻に“ふわあっ”と、アマ~イ薫りが抜けていくのです~。

このお茶とひよこの絶妙のコンビネーション、たまりまへん。ああっ! もう、もう・・・! どうにでもして・・・(悶死)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

緊急告知!

『トリビアの泉』や『世界一受けたい授業』で大人気! 
唐沢俊一先生プロデュースのイベントに出演致します~!

★2月26日(土)新宿ロフトプラスワン
 唐沢俊一レトロエロ朗読ライブ
「大正昭和平成艶情話傑作選」
 思わず股間を熱くする名作から、奇想天外な
 トンデモポルノまで、大正・昭和・平成の
 傑作艶本の大朗読会! 電話帳をエロ朗読したりも??
 【出演】唐沢俊一
【Guest】二村ヒトシ、関口誠人、川上史津子 他 
 Open/18:30 Start/19:30 \1000(飲食別)
 ご予約・問合せ/新宿ロフトプラスワン
 
ロフトプラスワンでは、お食事・お酒も楽しめます。 
お腹を減らしていらして下さ~い!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

キルフェボン行ってきた♪

以前にも書いた「甘い物を食べる会」のお仲間と、
代官山・キルフェボンのケーキ食べてきた~♪

ミルフィーユ正面図
↑ミルフィーユ¥1400也。

高いと思う? ・・・え~い、これでどうだ!

しづこ、いきまーす!

わたしの顔よりデカイ~(笑)!

後ろはSHIROくん

今回この「キルフェボン」に行こう! と提案したのは、わたし。ここには甘くて苦い思い出があるのです。
ずうっと前のことですが、結婚したいな~と思っていた人が居て、その人とこのお店で同じミルフィーユを食べた記憶が・・・。あ、ごめん! ちょっとだけ泣かせて・・・。

俯瞰してみました

アップにも耐えます♪

すみません、もう大丈夫です。・・・ありがとう! 
その間にゆっくり鑑賞して頂けましたでしょうか?
では、参ります~!

すごいっ!
ご覧下さい! 一番上の段は、こんなに膨らんでおりました~!

赤いフルーツのタルトオレンジのタルト

あまおうのタルト!
↑今回一番のインパクト「あまおうのタルト」¥1260也!

「え~っ! 高っ!」とビックリしましたが(苺がめっさ高いらしい)、この「あまおう」という品種の苺の甘いこと、アマイコト! まさに「甘王(←という意味のよう。キルフェボンのお姉さんが云うてました。ここんちの店員さん、みな品が良くて可愛らしい・・・♪)」 。これを注文したお友達にひとくち頂いたのですが、その甘さは尋常じゃなかった(笑)。果物というより、お菓子の甘さでした~♪

(え・・・? はい、ハイ・・・。わかりました・・・)

え~、訂正です! 「あまおう」の由来を教えて頂きました。
「あまおう」は博多産の品種で、
あ…あまい
ま…まるい
お…おおきい
う…うまい
の頭文字をとったネーミングだそうで、育成に手間がかかって高い、とのことでした!

今、目の前に、この「あまおう」てんこ盛り&美味しいシャンパンを並べられたら、わたし・・・オチチャウかもぉ~♪
(みなさぁ~ん、ここ↑に“おバカさん”がいますよ~!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

データが飛んだ日(泣)

妹のデジカメを使わせてもらっています。
わたしが先月、映画のエキストラで妖怪になってきた日の画像を、彼女がCD-Rに焼いてくれたのですが、ナニかの間違いで・・・飛んでしまいましたorz

角川大映スタジオの大魔人と2ショットだったのに・・・
とっても可愛らしい赤ちゃん達と記念撮影したのに・・・
blogにupするって、約束したのに・・・

しょげるワタシ(涙)。

p.s.はるちゃんとなっちゃんのパパとママ~! このようなワケでご一緒した時の写真が無くなってしまいました! 
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい・・・
(もしここをご覧になっていたらメールorコメント下さいませ~!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぽっかぽか

母と妹と「箱根小湧園ユネッサン」に行って参りました。シーズンオフのとてもお得なプランを利用しました。

いらした方はお分かりと思いますが、温泉ベースのアミューズメント施設がてんこ盛り! 入り口で受付のお兄さんが一所懸命利用の仕方を説明して下さったのですが、そこにまずトラップが! なんとそのお兄さん、ソックリなのです・・・
「劇団ひとり」に。

もうソレに気付いてしまったら、笑いそうになるのを堪えるのに必死で、説明を聞くどころの騒ぎじゃない。顔を見ないようにしたのですが、顔が似てると声まで似ているようで・・・。
お兄さんもきっと、もうイヤと言うほど「似ている!」と言われているのでしょうね。こちらが『そういう』目で見ている事に気付いたらしく、意識したのかますます早口に・・・。
一通り説明を終えて、「おわかりになりましたか?」と、お兄さん。
「いえ全然わかりまへん」反射的に答えてしまったわたし。後で妹から「おねーちゃーん! アレはないよ! 確かに判りづらかったけどさ・・・」と、たしなめられてしまいました。この場をお借りして謝ります! お兄さん、ゴメンよぅ・・・。

まあ、そんなこんながありまして。

バイキングのお昼を食べた後は、死海のお湯に浮かんだり、ジャグジーの巨大温泉噴水に浮かんだり、ウォータースライダーでは自分が重過ぎたのか途中で止まったり・・・(泣)。

風呂あがりのWピース♪

道中のBGMは、妹が買って来たサンボマスターだったのですが、

私「この声・・・、誰かに似てる~! 誰だろ誰だろ? エレファントカシマシの宮本さんかなぁ?」
妹「トータスさんじゃない?」
私「いや、バンドで・・・。あ!」

さてここで問題です!
「あ!」の続きは誰だったでしょ~おか?(←「なるほど・ザ・ワールド」の益田由美アナウンサーの口調でw)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

艶色妖怪短歌 !

最新短歌が雑誌に載ります!

角川書店 季刊『怪vol.18』(3月上旬発売予定)に、
艶色妖怪短歌
『戀乱妖怪歌蒙図彙(こひみだれあやしのかたろぐ)』が掲載されます。日本の妖怪をテーマに、艶(つや)っぽい短歌を詠み下ろしました。タイトルも歌舞伎の外題(げだい)風にと凝(こ)ってみました♪ 妖怪絵師・東雲騎人氏が短歌に合わせて描いて下さった挿画も必見です!

インタビュー以外で短歌が雑誌に載るのは、2003年『小説現代』5月号に寄せた、阿部定さんについてのエッセイに短歌を添えて以来になります。楽しみたのしみ~。

ご感想お待ちしております♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新連載がはじまるよ~♪

もうすぐ携帯で新連載がスタートします! 
タイトルは『恋をしたかったらつまらないプライドなんて豚に喰わせちゃいなさい』恋愛エッセイ&短歌の書き下ろし!
共同テレビプロデュースです。

『どこでも読書(DoCoMo&au)』と『快読!ケータイBookクラブ(au)』にて、2月下旬~3月上旬スタートを予定しております。アクセス方法はこちら
既刊『えろきゅん』『恋する肉体』にも追って配信の予定があります。応援宜しくお願い申し上げます~♪

旧正月を迎えて、漸く(我ながらスロースタータ・・・わはは)2005年・川上史津子始動でっす! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス書院インタビュー「今月の放言」

「今月の放言」より

フランス書院HPでインタビューをして頂きました!
「今月の放言」というコーナー。作家・歌手・芸能人・文化人、錚錚(そうそう)たる面々が自身の性愛について語っている中の一人に選んで頂きました~♪ 以前からチェックしていたコーナーだったので、大感激!

官能小説で有名な出版社さんです。わたしは大ファンである漫画家の山本直樹さんの作品群で、お世話に(笑)なっております。

2月イッパイ、TOPページに顏写真が掲載されてます。小さいお友達は、おっきくなってから見てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »