« 小千谷にて・その9 | トップページ | ラジカル鈴木展 »

神話

from“ボン研究所”

拝啓、ナンシー関さま

あなたが予言なさっていた「キムタクの賞味期限」は存外長持ちしておりましたが、あれから3年、正月特番とはいえ深夜番組に出演した木村氏は、ナンシーさんのご存じない「ホリ」というお笑い芸人に真似される「キムタク口調」を逆に“真似ている”としか思えない値下がりっぷりでございました。

思えば、『日本の70%は“ヤンキー”と“ファンシー”で出来ている』と、あなたは喝破されていらっしゃいましたね・・・。

万が一、自らを男性アイドルの頂点であるとの位置付け=「ファンシー」(と、いうよりむしろ「ファンタジー」か?)に、奥方の「ヤンキー」を意図的に加えることで芸能界最強人気を狙ったのだとしたら・・・? 拓哉、侮り難しでございます。

若輩の私見、お許し下さい。取り急ぎ、ご報告まで。

天国のナンシーさんへ       しづこ拝

|

« 小千谷にて・その9 | トップページ | ラジカル鈴木展 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神話:

« 小千谷にて・その9 | トップページ | ラジカル鈴木展 »