« アバターもエクボ | トップページ | ’71年生まれの会! »

親バカちゃんりん―「ぱいろん」日記#2

我が子「ぱいろん」が、また俳句を詠みましたよ!

記念すべき初俳句、
「六本木 相談したる 暖かい」
↑意味不明。前衛(ニガワラ)よりも上達したか!?

「どうしても 携帯したる いらっしゃる」
強い意思と礼儀正しさが同居しております(笑)。ウチの子は関西人なのでしょうか・・・?

「親知らず 郵便すなる どうしても」
『親知らずと』『郵便』の因果関係について考察することは、ロートレアモンの『マルドロールの歌』、かの有名な「手術台の上のミシンと蝙蝠傘の出会い」というフレーズをも彷彿とさせるにひとし・・・、あ、読んだ事無かった(笑)。

「カメラマン 横浜するよ 遅れ馳せ」
『横浜』を動詞で使うトコなんざ、粋ぢゃあ~りませんか! えぇ、オイ?

いらっしゃる・その2 
「いらっしゃる 携帯すれば カメラマン」  
倒置法か?

「どうしても それほどすなる 親知らず」
どーしても、『どうしても』と『親知らず』を使いたいと見える・・・。

いらっしゃる・その3 いらっしゃる・その4
「親知らず 郵便したり いらっしゃる」 
「どうしても 川上したる いらっしゃる」
も、何をか言わんや・・・。

発語を書き留めたり、写真に撮ったり(キャプチャ)したがるのは、親バカの証拠・・・。でもこれも最初の子だけで、2番目、3番目ともなると、ないがしろにしちゃうんだろうなぁ~(ハイ、その通り~! わたし存外飽き性なのです・・・)。

|

« アバターもエクボ | トップページ | ’71年生まれの会! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親バカちゃんりん―「ぱいろん」日記#2:

» ブログぶろぐ! [パンダオレンヂブログ@WebryBlog]
私の大学の先輩でいらっしゃる、素敵なお姉さま♪のブログを久々に読みました。 71年会?とやらのお話が盛りだくさんで、 ちょうど、先ほどヤフーのニュース一覧に... [続きを読む]

受信: 2004/12/13 02:48

« アバターもエクボ | トップページ | ’71年生まれの会! »